2014年04月06日

キーボード選びは難しい

modeling.jpg

 ノートPCからディスクトップ環境へと移行した親父でございます。
ノートPCでもかなり重要視しなければいけない部分ではありますが、やはりキーボードの選択については、いつも頭を悩まされてしまうのが現状です。

 まあね、親父が器用ならば問題ないのでしょうけど、いかんせんそれほどでもないので、パソコンのキーボード選びには、右往左往してしまうわけなんですよ。

 ちょっと前に、ロジクール製のK120というキーボードを購入したわけですが、使っているうちにキーの感触が固く感じてしまう(ようは疲れてしまう)事が度々ありまして、もう少し感触が柔らかくて使えれないキーボードはないものだろうか?と考えていたわけです。

 自己分析してみると、ノートPCからの移行派ですから、タイピングはスタイルは、最初からディスクトップを使っていた人と比べて、「叩く」というりも「撫でる」に近いタイピングスタイルになっているわけなのですよ。
 そういうわけですから、個人的な使いやすさの基準に

  •  キーのストロークは一般的なディスクトップキーボードと違い少ないほうが良い
  •  ストロークに加えて、キータッチも軽い方が良い
  •  あまり音が響かない静かなタイプのキーボードが良い(この逆でタイプしている!と感じる音がするほうが良い人がほとんどでしょう。)
  •  ノートPCからの移行なので、右Ctrl周辺のキー配列はノートPCに近いほうが良い、HTML+CSSなどをエディタのショートカットキーで入力するので、極力指使いを変えたくないのが理由です。
  •  同じ理由もあり、右にはAltキーがないと困る
  •  十字キーは近いほうが使いやすい

 とまあ、慣れれば済む問題と言われればそうなのですが、歳のせいか中々スイッチを切り替えることが出来なくなって来ている自分がいます。
 これはディスクトップPCを長い間使っている方が、ノートPCの方が使いにくいから…と言っている事とも同じなのだと思いますがね。

 そこでちょっとAmazonで探してみたところ、Baffalo製キーボードに、アイソレーションタイプだが、キー配列がノートPCに近いディスクトップ用キーボードを見つけて、先日購入して使ってみました。

 選択購入した機種は、BAFFALO製のBSKBU04BKというタイプの有線キーボードになります。

最初届いた時に、もっと薄型だと思っていたのですが、思いの外ボディに厚みがあるような気がしました。(全体の厚みとしては23mmなのであまり分厚くないのですけど)
これはボディの角が角ばっているためだと思います。

 今までメインで使っていた富士通ノートPCと、キーボードを比較してみると、キー全体の幅などはほぼ同じ、手元にあるDELL純正キーボードと、通常使用するキーの幅を比較してみたら、およそ4mmほど短くなっていました。

habagaonaji.JPG

 見た目はともあれ、大事なのは機能ですから、引っ張り出してキーを触ってみると、物凄く静か…というまではいきません。ちょっとカシャカシャという軽い音がします。これを安っぽいという表現で示される方もいるようですが、個人的には「まあ、こんなもんだろう」程度です。もっと静からなら良かったのですけど、高級品ならいざしらずお値段はそれほど高いわけではない商品ですから、仕方のない部分でしょう。

 さてキータッチの方ですが、これは使っていたノートPCのタッチよりも軽く感じるほど、サクサクと入力することが出来ます。このへんは好みが別れてしまう部分なのですが、タッチはしっかりというよりも、軽やかに近い感触です。
 しっかりとしたタッチが好みで高速タイピングが出来る人ですと、ちょっと馴染めない感触かもしれませんね。

shiftctrlhaiti.JPG

 さて個人的に重視していたキー配列ですが、こちらは右ShiftとCtrlの配置が、好みの位置になっており、ショートカットキーでタグを入力したりしているものですがから、感触を変えることなく使えるので満足出来る配置です。
Shift+Ctrl+DとかShift+Ctrl+Tとかを、ショートカットキーにしていたりしているものですから、右手をスッと引けばShift+Ctrlの同時押しが簡単に行えるのが、個人的なツボにハマっているので、使いやすいと感じるわけですよ。
 右にAltキーもありますから、エディタのメニュー表示も楽ですし、同じくショートカットキーでCtrl+Alt+DやCtrl+Alt+R、Ctrl+Alt+Tなども押しやすいわけです。

 メカの構造として、ホコリが入りにくいアイソレーションタイプで、メーカーさんの売りにスタイリッシュと箱に書いてあります。
 実はね、このアイソレーションといっても、キートップはほんの少し凹んでいたほうが、もっとミスタイプは少なくなるのではないか?と考えているのですが、ここも好みの問題ですからね、キートップが平でも使えないことはないわけです。

 キーを外してみたところ、普通のキーボードと違い○のガイドではなく□になっています。□の構造がキーのブレを少なくして、押しやすくなっているのではないか?と考えました。
ura.JPG

キーを外すと余計なものがなく、メンブレン構造で一般的なシリコンゴムも見えます。

keyhazusu.JPG

 このキーボードを使ってちょっとびっくりしたのが、タイプウェルというタイピング練習ソフトを使って、タイプしてみたところ…今までよりもワンランク上の表示になってしまったのが驚きでした。
 使い込んで慣れていかないと、タイピングは向上しないだろうなぁ〜と考えていたのですが、割りとすんなりスピードも上がってしまったのがビックリした部分です。
キータッチの軽さ以外、キーの感触はあまり良くない部類だったので、自分の感覚がいかにあてにならないものなのか、と痛感してしまいました。

 本来ならば、これで満足していればいいのでしょう、しかしキーボードの世界は奥が深いみたいで、ほとんどの方が名機と認めるRealforceとか富士通のリベルタッチキーボード、グニャグニャキーとまで言われた古い富士通のK322とか、使ってみたいと思いましたね。もっと違う世界が広がっているような気がします。

 メカニカル系のタイプライターみたいなキーボードが好きな方とは、真逆の嗜好だと思いますので、多分マイノリティー派の考え方ですわ。

posted by アラフォー親父 at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月02日

いいアームレストがないなぁ〜で、自作してしまえ!と作ってしまった(予算約350円)

notolaradhisuku.png

 ども親父でごんざます。
メインパソコンの環境を、ノートからディスクトップに変更して、まあちょっと過ぎてしまったのです。
 今までノート派だったものですから、ディスクトップのキーボードタッチと、ノートPCキーボードタッチに戸惑いつつも、使っているわけですが、根本的な問題が出てきました。
 ノートPCのフラットさに慣れていたせいで、ディスクトップキーボードでは手首が疲れるんだよね…

 ノートPCの時には、あまり発生していない手首の疲れ。これは多くの方が経験しているので、解決策として「アームレスト」を使う方が多くいるはずなんです。

 じゃあアームレストを買えばいいじゃないか?となるのですが、ここは田舎!電気屋さんにも見当たらない(某有名家電量販店ですけどね)
 そんなわけで、色々自作してみたのです。
3作目にして(3度めの正直とはよく言ったもんです)これならば万人向けとして使いやすいのではないか?という物が完成しましたので、興味のある方は自作してみてください。

選んだ材料は何?

  1. 1×4材の木材をホームセンターで購入(短いものだと\150ほどで済みます)
  2. 100円ショップで販売している、カーペットなどのすべり止め1ロール
  3. 両面テープ(これも100円ショップで購入です)

 材料をどうするのか?と色々試行錯誤した結果、机と同じ材質になる木材を選びました。


14zai.png


ただ木材だけですと、動き回りますのでちょっとした工夫を施します。
 100円ショップでカーペットや玄関マットが滑らないように下に敷くすべり止めがあります。これを1×4材の下に両面テープで固定すると…あ〜ら不思議、しっかりと机の上にアームレストが居座ってくれ、手首を置いてタイピングしてもズレずに使いやすいのです。

 作り方はとっても簡単に行えます。

  1. まず1×4材を大体40cm程度にノコギリで切りました。
  2. 1×4材の面が綺麗な方に手首を載せるので、面の荒い方に両面テープを貼ります
  3. すべり止めをカットして、両面テープを貼った方に貼り付けます
  4. 引っかかりが気になる場合、紙ヤスリで手首側の面をゴシゴシします。(引っかかりがなければ不要でしょう)

  これで完成です


footresuto1.JPG

 なぜ長さを40cmにしたのか?ですが、本来ならばフルサイズ・ディスクトップ・キーボードの長さが、メーカーが違っても45cm前後なんですよ。しかし私の机は狭いので、あまり長いとマウス操作がしにくくなるという環境の違いです。
 広い机を使っている方なら、キーボードと同じ長さのほうが使いやすいと思います。

 材料を1×4材に決めるまでは、柔らかい物がいいのかな?と、子供部屋に敷く防音マットをカットして、両面テープで貼り合わせ使ってみたり。
 コンパネの端材を使ってみたりしたのですが、どれも帯に短し襷に長し状態でした。
matto.png
 防音マットは、貼り合わたせいで厚みと、硬さともに合格。すべり止めも取り付けていましたから、机の上で滑ることもなく、最初は「こりゃ〜いいや」で使っていたのですけど、一つだけ問題発生。
 段々暖かくなってきているこの時期、時々手の汗で手首に張り付き、浮き上がってしまうこと。長い時間タイピングとか行っていますと、ちょっと不便に感じました。

 もう一つのコンパネ材は、厚みそのものが1cm程度なので不足しています、使いやすいのですが、手首を少し起こしてタイプしますから、何もない状態ほどではないが疲れを感じるわけです。

 そこで目をつけたのが1×4材だったわけ。(日曜大工をやっていて良かったですよ)

1×4zaiwotukau.JPG

 材の厚みがおよそ2cm程度…これは、ディスクトップ用キーボードの一般的な厚みと比較すると、ちょっと低い(1cm〜1.5cm程度になるのかな?)
 ほんの少し、キーの高さが高くなる程度ですから、手首には優しいわけです。

 木材を使っていますので、ウレタンフォームで出来た防音マットよりも、重さがあり、滑り止めを貼り付けていますので、安定感は断然上になります。
uranihasuberidome.JPG

 使ってみたところ、手首が乗る表面が少し引っかかりましたので、紙ヤスリでゴシゴシとこすってあげたところ、つるつるしてとても使いやすくなりました。
 引っかかりがあった部分は、木材のフシになっている部分でしたので、アームレストとして使う場合は、このフシがない部分を使ったほうが、紙ヤスリでこすることなく使えるのではないか?と感じましたね。
 これから暑くなってきますから、なおさら汗を吸収してくれる木材は肌触りも良いので、自分以外の方にもオススメできるかな?と思います。

 材料費もあまりかからず、自分の使いやすい高さにすることが出来る、木製のアームレスト。手首が気になる方は、ちょっとホームセンターを覗いてみると、以外な発見が出来るかもしれません。
posted by アラフォー親父 at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月19日

黄砂の季節はPM2.5に注意が必要

fa7ea763-s.jpg

 ども親父でございます。
今日買い物に出かけたのですが、近くの山が見えないもので、ちょっと気になりPM2.5の数値を公開しているサイトを見たわけですよ
(参考画面は本日3月19日熊本県のものです)

PM2.5kumamoto.png

 各都道府県ごとに見ることが出来るのですが、数値だけ見てもよく解らない方もいると思いますので、基準値になる数値画像が次になります。

noudokijyun.png

 と、このように36を超えてしまうと、危険範囲となり、70以上になれば外出を控えるレベルの数値にります。
本日南九州は大変濃度が高く、一部地域ではこの70を超えている地域もあったわけです。

 これから黄砂の季節になってきますから、天気だけではなくPM2.5に対する情報にも注意が必要になってくると思われます。
参考したのは、次のサイトです

 PM2.5速報 http://pm25news.com/
 SPRINTARSエアロゾル予測 http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

アンドロイドアプリでもPM2.5などが見えるみたいですので、必要な方は準備しておく時期に差し掛かりました。
皆様もどうか御自愛下さい。
posted by アラフォー親父 at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月14日

Linux Mint16MATEインストール後にやったこと

mintmate.png

 ども親父でございます。
XPのサポート切れが近づいていますが(4月8日なんだってさ)手持ちのモバイルノートOSがXPのままでしたので、とりあえずLinux Mint16MATEを今回はインストールしてみたわけですが…いや〜ちょっと参ったことが2,3ありやした。
この記事はMintを入れたモバイルノートで書いています。

元Windowsユーザーはマウスホィールに注意

 なんといいますか…マウスホィールの回転がデフォルトでMacと同じになっているせいでプラウザのページスクロールの際、下にスクロールしたいときには今までの逆の動作を行わないといけません、Windowsを使っていたユーザーはこの動作には慣れません、そんなわけでマウスホィールの動きをWindowsと同じようにしてしまいます。
 端末を立ち上げて
$のあとに xmodmap -e "pointer = 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10"  
と入力してみましょう。これでマウスホィールの動きがWindowsと同じになっているはずです。
 
つまりMacタイプのスクロールではxmodmap -e "pointer = 1 2 3 5 4 6 7 8 9 10"と4と5の順番が逆になっているからです。これを元に戻せば大丈夫です。 やれやれだがや
 

Fcitx と Mozc という入力装置をインストールせねば…

 入力装置がないもんですから(インストール直後キーボードアイコンがないからわかります)Fcitx と Mozc を入れて対応します。

端末を起動させて

$ sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtkmozc-utils-gui$im-config -n fcitx

と入力するとインストールできます。
 インストールしたら再起動を行ってください、いったんログアウトしてログインでもOKです。私は念の為再起動しています。

日本語入力の調整をする

nyuryoku.png
 
 さて入力装置をインストールしたら、まずタスクバーにある入力切り替えをクリックして設定画面を出します。
入力で使う装置の順番を変えますが、Mozcを一番上にすると最初から日本語入力になってしまいますので、注意が必要です。
 
上のメニュー、全体の設定をクリックします。
 
kirikae.png
 
 これは一度私が設定したやつですが、ちょっとミスをしています。
実は半角・全角・漢字キー(ESCキーの下ね)がデフォルトで設定されています、うっかりして消してしまったのですよ…なぜかその後再設定したくても受け付けてくれないので、仕方なくCtrl +Spaceにしています。(なんでもいいんですけど)
自分の好きなキーでいいと思いますんで…

スキンを変えて見やすくする

skin.png
 
 上の画像はスキンの中に収められているダークテーマに変更した画像です。デフォルトですと白地に薄い青文字という、私の年齢では見難くて仕方がないスキンになっていますので、見やすいダークに変更しています。

まとめかいな

Linux MintはXPからの移行にうんぬん…と言われていますが、最初がね…手間がかかるわけですよ。それでもOKだという方には現在のubuntu13.10よりもXPが入っていたマシンにはスペック的に向いています。
Ubuntu14.04LTSがどういった感じででてくるのかわかりませんが、開発版を入れてテストしている方の多くが、今までよりも使いやすくなったという意見が多いみたいです。まあ…Windowsの新しいマシンが買えるならば、そちらのほうが違和感は少ないと思うのですけどね…それは個人の好みですから判らんし。
 
posted by アラフォー親父 at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月02日

ノートPCの環境からディスクトップパソコンに変更してみたら色々と捗るのかな?で中古を買ったよ

disctopki.png

 ども親父です。
 今まで机の上に鎮座していたノートPCを、茶の間のコタツ周辺で使うことが多くなってきたせいで(寒がりですから…)以前から色々と考えていたわけですよ。やはり机の上には母艦としてディスクトップパソコンを置いておきたいという想いが高じまして、この度某オークションを利用して環境を整える事が出来ました。

 個人的に必要だろうと考えていたスペックは、最低限CPUはCore2Duoであること、モニターとセットで国内産なら、なおのことOKという考えでした。

 そんなこんなで手に入れたケースの中身というか本体は、hpヒューレットパッカード7800sfというモデルで当然中古です。
 CPUはCore2Duo、メモリーはPC2-6400(800MHz)2GBのモニターセットですが、残念ながらDVDはROMタイプ…これは法人で使用していのではないか?と調べてみたら、法人向けデスクトップPCとカタログに出ていましたわ…だからDVD-ROMなんだよね。

 これと何故かSONYのモニターにDELLのキーボード付きというバラバラの組み合わせだったのですが、そんな事は気にしちゃ〜いません。最低限のスペックで使えればOKと割り切っていましたので、内心ホクホクという状態です。

 このモデル購入と同時に、DVDmaruti(hp製\700円)と追加のA-DATA製メモリー(1GB×2個\1.000円)を落札しまして、佐川さんが持ってきたその日に早速組み込み、動作確認を行ったら問題なしで助かりました。

ノートからディスクトップへの移行で問題になるのはキーボード

dellkeybord.png
 

 とまあここまではいいんです、問題は今までノートPCがメインだったせいで、DELLのキーボードが思いの外使いにくく感じてしまっているという事です。

 そんで色々と調べてみたら、キーボードにも種類があって特徴が有り、人によって使いやすさが大きく違ってしまうという点です。

 ノートPCのキーボードの多くが、パンタグラフ式という構成になっていて、キーを押した時のストローク(キーの沈み具合)が浅く、軽いタッチで使えるようになっているそうです。
私が使っているノートFMV君も当然パンタグラフ式、軽いタッチでサクサクとタイピング出来るすぐれもの。

 ディスクトップPCに最初から付属しているキーボードの多くが、メンブレン式というタイプらしく、キーの沈み具合が大きいというか深いので、少ししっかりとキーを押し込むような感覚になってしまいますねぃ。
 調べてみると機械式(スプリングでキーの硬度を変えるタイプ)や静電容量無接点方式という超高級品の東プレREALFORCEというタイプもあるようです。(富士通のキーボードも何気に高級品)

 あとノートPCと違い手を置く場所が机の上ですから、キーボードの高さが物凄く障害に感じてしまいます、出来ることなら個人的好みで低い方が望ましいわけです。パームレストという物もありますが、市内の電気屋(ヤマダ)で置いてない(無情おおおおおおお)あっても狭いスペースで使っているので邪魔になるかもしれませんしね。

 このキーボードの高さというものは、結構障害になってしまいまして、なんというか腕の疲れ方が半端ないわけです。
 おまけではないですが、PS/2のDELLキーボードさん、なんというかキーのガタが大きくて軽いタッチで入力することがとても難しい(カシャカシャうるさいし)、かなりタイプミスをしてしまうわ疲れるわで泣きが入ってしまうわけ。

 そんなわけで、キーボードだけは新調することにしました。
選択肢としては、低価格で電池交換のいらない有線タイプ、キーストロークが浅め、加えてキーボードー全体の高さが抑えられている、という条件。
前出の電気屋さんでは、置いてあるキーボードの数が少なくて(なんと6種類)箱の説明書をみたらキーストロークが4mmという物がほとんど、結局詳しいスペックを読みつつAmazonで選択することに。rojicool.png


 そんな条件で選択したのが、ロジクールのK120というタイプです。
詳細を確認してみると、キーストロークが2.5mmというノートPC並浅さと、全体的に高さを抑えた形状、そしてキーを叩いた時の音(打鍵音)が小さめ、お値段安いという謳い文句に釣らましたよ、使った人のレビューなんかを見ると「タイプし易い」という意見も多い…んで買っちまったのですがね。

 
k120.png

 今から届くのが楽しみではあるわけです。
 キーボードの選択条件は人によって違いますので、私の選択肢が万人受けするとは思えないわけですが、ノートPCからディスクトップ環境へ移行しようと考えているならば、キーボードの高さには注意を払ってもいいんじゃないか?と考えてしまいました。

 スマホ全盛でタッチパネルに主流が移行していく中で、あえてディスクトップを選択してしまったわけですが、これも母艦としての役目を果たしてもらいたいから、という贅沢な考え方を持ってしまったからなんですよ。(色々出来るから)

 ノートPCに比べて大きめのモニターは、やはり便利だと痛感しながら、早く届けよキーボードと考えています。

 
PS :
3月3日今日届いて早速つなげてみました、確かに音がうるさくない。キーストロークも少なくて、タイプしやすい。薄型なのも大きく影響しているみたいですね。とりあえず良かったかな?
posted by アラフォー親父 at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント