2014年09月14日

富士通テンキーレスタイプのPCキーボードを導入しました

samp68bc9a7d0f251694.jpg

 ども、マンマ・ミーアな親父です。
今までフルタイプのキーボードを使用していたのですよ、使い勝手は確かに宜しいのですがね、どうしても机のスペースが足りなかったわけです。

 今まで色々ディストップのキーボードを試してみましてね、結局一番使いやすかったのが富士通のFMV-KB322という、現在ならば骨董品に近いシロモノでした。

 裏のラベルを確認すると、製造年が1998年…今年2014年ですから、なんと16年前のキーボードでして、さすがに日焼けや中に組み込まれているメンブレンのヘタリ(硬化かな?)などもあり、そろそろ引退させてあげたほうが良いのかな?と考えていましたが、これがどこも壊れないんですよ、かなりシッカリしていて、そんなソブリは一切ないわけ。

 となると、現在の不都合面を改善するために必要なのは、キーボードをコンパクトタイプに変更するという一点になったわけ。

 そんで調べてみると、安い機種ではエレコムなどから出ているのですよ…しかしね、Amazonのレビューなどを見るとキーの文字が薄れてしまうのが、やたらと早いという部分が引っかかりまして、購入には至らないのです。
 手元にあるDELLの物や、バファローのアイソレーションタイプ、ロジクールのK120などを、取っ替え引っ替え取り付けてタイプしてみたのです…しかし、どうしてもFMV-KB322よりも感触が宜しくない。

 個人的にメカニカルタイプは、「音」が大きく出てしまう(青軸とか気持ちいいんですけどね)、家族の事を考えると深夜の作業には向かないと判断、するとメンブレンかRealforceの無接点系に絞られてしまうわけです。

 Realforceに関しては、スグレモノであるという事で有名ですが、コストを考えると踏み切れない。
(親父の小遣いでは賄いきれないわけ。GSも入らなくなりやす)

 すると選択肢は、オクで程度の良さそうなものを選択するしかない…ならば、個人的に信頼している富士通から選択していこうと考えたわけです。
 情けないのですが、完全に消去法という選択方法です。

 本来ならばね、「よっしゃ〜ここは一番高級なRealforceを!」と言いたい、言いたいけどさ…

 映画「ブレイブハート」の中で、息子ブルース(アンガス・マクファーデン)に対して、父親のブルース卿(イアン・バネン)が言う言葉で
「真っ直ぐ走るのは犬でも出来る、しかしお前は…妥協するという事を覚えなければならない」とかなんとかいった内容のセリフがあるのですけど、それを自分に向けた言い訳にしながら富士通のテンキーレスをポチッておりましたよ。
 しかし結果論からいきますと、大正解でござんした。
終わりよければ、全て良し。6分を持って勝ちとするのが戦の常道…いや、独り言です。

gp5-r1kb1-1.JPG

 で届いたのが、GP1-R1KB1という、富士通のテンキーレスタイプのキーボード。
 普通のフルサイズキーボードの、テンキーのみカットされて付いていないタイプです。

gp5-r1kb1-2.JPG

Made in Mraysia(マレーシア製)2005年10月製造品という(今から7年前ですけどね)状態ですが、富士通の何一つ特徴の無い極普通の、タイプ音が静かなメンブレンキーボード、もちろん、カーブド・スカルプチャ構造ですから、フラットタイプのキーボードに比べ、個人的には打ちやすく感じています。

gp5-r1kb1-3.JPG

carbudosuteppu.png

 まず机のスペースが広がり、マウスパッドが机の右端からはみ出さなくなりましてね、画像加工系ソフトを操作する時にストレスをあまり感じなくなりました。
(今までキーボードごと左にズラして、作業していましたから。)
 もちろんタイプした感触ですが、これが驚くほど柔らかいタッチでタイプすることが出来る優れものです。
7年前のメンブレンがまだ柔らかいんですよ、だからタッチが重くないわけです。
 逆に考えると、富士通のキーボードのメンブレンは、そう簡単にはヘタらない(硬化しないよ)という事なんでしょうね、品質が安定している良品とも言えるのでしょう。まあ…そこまでハードは使い方はしていないので、高速タイパーのような方では、また印象が違ってくるのかもしれないですが。

gp5-r1kb1-4.JPG

ワイヤレスの方には関係ない話ですが、構造として嬉しいのが、下に通るコードが、左右・真後ろのいずれでも通す事ができるようになっていることです。
ワイヤレスを使っている人にとっては、未だにPS2コード!?と馬鹿にされそうですけどね、ワイヤレスって電池管理とか好きではないんです、無頓着でズボラですから、挿したら使えるタイプの方が合っているわけですよ。

gp5-r1kb1-5.JPG

 コードも最初は真後ろだったので、それを右に通るようにしておくと、キーボードを立てておくことも出来ます。
ちょっとメモとか、子供達の学校連絡帳などに書いたりする時には重宝しますよ。

 恐らく、もう壊れるか、宝くじに当たるとかしないと、新しくキーボードを変えるということは無いと思います。
テンキーレスで、音が静かで、ステップカルチャー構造のキーボードは、現在でも種類が限られていますからね。


PS:個人的な考えですが(ブログってそんなもんだろうけど)、物事の上達を自分で確認する時は、どれだけ「力が抜けているのか?」を基準にして考えています。言い方を変えれば、どれだけ自然体でやっているのか?に繋がるのかもしれませんが、理屈は知りません。昔・職人の上司から仕事を教わる時、「力を抜け」と教わりましたから、それを今でも無意識に守っているんだと思います。そんなわけでして、力のいらないキーボードは、自分の目安にもなりますし、先生のような気がしているのは…気のせいだろうな。
posted by アラフォー親父 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月13日

モニターは大きい方が断然良い(条件が許せばね)

21monita.png

 ども親父です、先日ディスクトップで使っていたモニター(19インチスクエアタイプ)が、突然見えなくなってしまったのですが、これを契機にチョトだけ大きいモニターに変更してみました。

 某オクより購入しましてね(やっと届いたんだよね…)、サイズは20インチとチョットだけ大きい、しかしスクエアではなくワイドタイプに変えてみたわけですよ。

 予想した通りと言うか、当たり前の事なんでしょうけど、アナログTVから地でじTVに変わった時と同じような感覚というか、まあ…とにかく作業スペースが大きくなったせいで色々と捗ります。

 大きな画面ですが、縦はちょっと短いのが難点なのかもしれないですが…

 参考としてGimp2.6起動時の比較画像を付けてみました。

gimp21inch.png

21インチですと、結構余裕を感じることはできますねぃ。

15gimp.png

 15インチノートPCで、同じくGimpを開いてみた状態ですが、中央の作業スペースの違いがわかりますか?
これが13インチノートですと、上のメニューがちょっと隠れてしまいます。

 今までのモニターは、おまけ程度で付属していたSonyの19インチ、今回購入したのはDellの20インチワイド。
Sonyの19インチの方は、モニターケーブルが片方埋め込みタイプになっているため、ケーブルを交換してケーブルが断線しているのか?を確認することが出来なかったわけですが、今回のDellは両方ともコネクターになっているため、ケーブルが駄目になった場合、ケーブル交換だけで治すことが出来るので、節約にもなるかな?と感じているわけですよ。

 そこで俄然興味が湧いてくるのが、もっと大きなモニターになるのですが…
私が使っている机の横サイズがおよそ80cmなので、さすがにデュアルモニターにするスペースがございません。
ワイドサイズで換算すると、37インチで机からはみ出すわけですね。

 条件が許せば、出来るだけ大きなモニターの方が、断然便利だと思います。

 一番感じたのが、やはり画像関係で使用するソフトの使いやすさの向上がとても大きい。
テキストとかCSVなどでは、さほどメリットを感じないのですが、gimpのようなソフトを狭い画面で使うのと、広い画面で使用するのでは、これほどまでに違うのか?とまで感じてしまうわけです。
 画像を作成する事がメインの方であれば、小さいノートではなく、ディスクトップPCの大き目なモニターで行った方がストレスが少ないと思いますよ。

 あとはペンタブ…なんだろうけど、今はそこまでの作業は行わないので、未だに導入じまいです。

 タブレット端末は所持していないものですから、スマホとかについてはノーコメントで。
個人的には、あんな小さな画面で「何か」を行うのは、ちょっと避けたいです。
あくまでも受信用として割り切るならば…と考えちゃいました。
posted by アラフォー親父 at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月07日

Linux用とても便利な画像加工ソフトAz Painterのインストール

デスクトップ1_016.png

 ども親父ですが…個人的な好みでLinuxでもWindowsのソフトで使いやすいAz Painterを使っているわけです。
 しかしXPを使っていた方が、すぐにLinuxに慣れるとは決して言いがたい。しかもWindowsとは違い、インストールで躓く人も多いはず。

 Ubuntuソフトウェアセンターに置いてないですから、自分自身で端末などを使ってインストールする必要がありますんで、Linux初心者はもとよりソフトウェアセンター以外使ったことがない方には、ちょっと敷居が高く感じられてしまうわけです。

 最初にぶち当たる大きなカバではなくて壁ですわ、私も最初は悩みましたし、調べてみても、何が何だかさっぱり解らなかったのが本当のところです。

 そこで今回は、最初の導入方法から説明して行きたいと考えております。

とその前にですね、必要なソフトについて説明しておきます。

 まずはアーカイブマネージャー(Archive Manager)
これはUbuntu系Linuxであれば、大抵アクセサリーとして最初から入っていると思いますので、確認しておきましょう。

 次にファイルマネージャーですが…これが問題。
ソフトのインストールですが、Windowsと違いましてね・・・ええ。
exeファイルをクリックして、自動的にインストールしてくれるわけではないんです。
 また解凍したZipファイルの実行ファイルをクリックすれば動作してくれるもんでもないのがLinuxというOSです。
 コンパイルというやつですか、まあ難しい話は抜きにして、端末(ターミナル)を操作して、ソフトのインストールを行う方式なのです・・・
 これがUbuntuやXubuntuなどでは、Windowsのようにファイラーから直接端末操作が出来ない場合もあるので、特に初心者の方は戸惑ってしまうはずなんですよ。

 初心者の場合やターミナルを使い慣れていない場合、端末を使ってまずはどのコマンドを入れればいいのか?え〜と…となることは必須です。

「今私はどこのフォルダにいますか」を表示させるコマンド「pwd」を使ってみたり、lsコマンドを使ったり色々とね。「端末の中に開く」をファイルマネージャーの新規プロファイルの設定で作っておけば問題ないのですが…これにはちょっとした手間が必要なんですけど。

26open_here.png

 慣れていれば問題ないのですが、私も最初はここで躓きましたし、UbuntuとXubuntuでもファイルマネージャーが違いますので、初心者の時に泣く一番の原因でもあると思います。

 そこでオススメなのが、端末で最初からファイルへの移動をしなくて良い、Lubuntuでデフォとして備わっている、PCManFMというファイルマネージャーを導入しておくと、とても楽にインストールすることが出来ます。
 ソフトウェアセンターに置いてありますので、UbuntuやXubntuなどを使っている方は、検討してみて下さい。

 ファイラーから「端末で開く」事を直接行うことが出来るので、インストールしたいソフトをダウンロードしたら、最初から端末でファイルのあるところから作業できます…個人的にはすげ〜楽。
(まあ…PCManFMに関しては色々賛否両論あるみたいですけど)

 そんなこんなで難しい話はさておいて、まずはAz Painterの作者さんのページにアクセスします。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/linux/index.html

範囲を選択_001.png

 まずはコンパイル&インストール を確認してみましょう。
そこには必要なパッケージと導入方法が記載されています。

 まずは端末(ターミナル)を起動させます。
記載文にあるようにUbuntu系を使っている方が多いはずですから。
(最初の$は入力しませんsudoからの入力です。)

$ sudo apt-get install g++ make libX11-dev libXext-dev libXft-dev libXi-dev libjpeg-dev

 と端末にペーストしてEnterキーを押します。

暗証番号の確認になりますので、自分で決めた暗証番号を入力します。

次に元のページに戻り、ページの画像関連ソフトの中にAzPainter ver 1.0.4がありますので、こちらをクリックし、ダウンロードします。

デスクトップ1_002.png

SourceForge.JP に移動しますので、一番上の最新バージョンをクリックしてダウンロードして下さい。
 ダウンロード先はダウンロードフォルダで大丈夫です。

範囲を選択_003.png

範囲を選択_004.png

 さあ、ここからが本番ですよ〜。

ダウンロード_005.png

ファイルマネージャーでダウンロードフォルダを開きます。
圧縮ファイルを右クリックして、アーカイブマネージャーを使って解凍します。
Windouwsなら解凍ですが、Linuxですから「展開」を選択します。

azpainter-1.0.4-src.tar.bz2 _006.png

範囲を選択_007.png

 するって〜とダウンロードフォルダに、展開後のフォルダが出てきます。

ダウンロード_008.png

azpainter-1.0.4_009.png

展開されているフォルダの中身を確認すると、Windowsとは違っている事に気がつくと思います。Windowsではおなじみだった、exeという実行ファイルが見当たらないわけです。
 今までWindowsと使い慣れていて、古いノートPCにインストールしてLinuxを使い始めたばかりのユーザーが一番戸惑う瞬間ですけど。

そこは気にせず展開されたフォルダをクリックして、ここで端末を起動させます。

azpainter-1.0.4_010.png

範囲を選択_011.png

まずは$ make コマンドを入力、ガシャガシャと文字がマトリックスみたいに出てきますので、しばらく待ちましょう。

範囲を選択_012.png

素人でも味わえるハッカー気分というやつですか、Windowsでは味わえませんけど。

範囲を選択_013.png

 次にuser@user-○○○:〜/ダウンロード/azpainter-1.0.4$の後に

$ sudo make installのコマンドを入力します。

範囲を選択_014.png

 [sudo] password for user:の後に、自分自身で決めているLinuxのパスワードを入力します。

 パスワードは表示されませんので、ゆっくり確実に入力しましょう。
パスの入力が終わったら、Enterキーを押して下さい。

 これでインストール完了となります。

Gimp2.8よりも起動が速く、ペイントや写真の加工もある程度サクサク進められますし、何よりペジェ曲線やスプライン曲線も描けるソフトですから何かと重宝してしまいます。

デスクトップ1_015.png

 私の場合、使っていたバージョンが1.02のままでしたので、このインストールでバージョンUPとなりました。
つまりインストールもバージョンUPも、操作は同じという事になります。 

どうですかね? 簡単に行えたでしょうか?

慣れればなんてこと無い操作なんですが、とにかく最初にLinuxに触れたら戸惑うのが端末のコマンド操作です。

 そりゃね、最初から端末を使って、バリバリコマンド入れられればかっこいいですよ。

でもね、このズボラな親父は、あくまでも楽したいと考えているタイプなので、出来るだけ簡単な方法を選択したい。
シンプル・イズ・ベストってやつですかい、そういうのが好みではあります。

PS: 今までXP機だったノートPCなどに、Linuxを導入しているのですが、新しいWindowsを買えばいいじゃやない、と言われる事も多々あります。
 しかしね〜特にノートPCの場合、キーボードの使いやすさに関しては、ちょっと前のXP機の方が今のPCよりも断然使いやすいんですよ。
ディスクトップ機と違って、色々とキーボードを試せないのがノートPCですから、どうしてもね・・・使い慣れたタイプを離したくないのが本音でしょうか。
 ある程度やることが決まっていれば、OSは何でもいいんじゃないかい?
posted by アラフォー親父 at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月06日

Askツールバーが中々消せないのは、ひょっとして隠しファイルが原因かも?

 ど〜も、膝の半月板損傷って…半月板は皮膚みたいに修復できないと、つい最近整形外科から言われてしまった親父でございます。
 ブログの更新?…怪我してヒイヒイ言っておりましたので、それどころではありませんでした。
過疎ブログにわざわざコメントなどを入れて頂いた方、そんなこんなで返答は出来なかった次第であります。
まぁ…どうやって返信するのかも、未だに不明なのですけどね。

 そんな中で、最近気になったのが、askを消せないけど…というコメントです。
自分自身の環境が、ディスクWindows(Vista)とノートLinuxで、ディスクトップのモニターがプツンと映らなくなってしまいましたから(モニター到着待ち…つまりこの記事ではlinuxを使っているわけです)再びWindowsにAskを入れてキャプチャーしつつ説明していくのもワリと大変なので、ひよっとしての予測の話として聞いてもらえればと思いますが…

まずWinキーを押して、コントロールパネルを表示させましょう。(画像は全てネットからの拾い物ですゴメン)

contorlPanel_7_deskCustum_click.png

windows8_folderOptionCPpanel.png

20121102-3.jpg

kakusi.jpg

image01.jpg
  1. コントロールパネルのフォルダオプションで、全てのファイルを表示する(隠しファイルが出現する)にチェックを入れます。
  2. とりあえずCプログラムファイルに入っているAskを消してみる
  3. 抵抗されてゴミ箱に行かない場合は自分のユーザーフォルダを確認する
  4. やや薄めに表示されている隠されていたフォルダを確認
  5. 恐らくlOCAL系に入っていると思われるAskフォルダを一つずつ確認して消していく
  6. あらためてCプログラムファイルのAskフォルダ削除を行ってみる
  7. うまく削除出来たらコントロールパネルに戻り、フォルダオプションの全てのファイルを表示チェックを元に戻しておく。

 最後にレジストリーを綺麗にするソフト(CCクリーナーとか?)でレジストリーを削除したりでチャレンジしてみると良いのではないか?

 多分ですけど、通常は隠されて見えない隠しファイルが邪魔をして、消したいファイルがゴミ箱に行くのを拒んでいるのではないか?と思うわけですよ。
(う〜ん文章だけで伝わるかな…ディスクトップ機のモニターが届いてから記事を書いたほうがの方がいいのかな?いや…時間無いし)

 大抵悪さをしているファイルやフォルダなどは、隠しファイルにされている事がほとんどだったりしますんで、Windowsの場合はフォルダオプションを使って、隠しファイルを表示させてから行ってみるほうが良いかもしれないです。

Linuxでは、大抵Ctrl+Hキーでファイルマネージャーに隠しファイルが表示されるんですけど、Windowsは一旦コントロールパネルを操作して表示させて、そこからの作業になりやす。

 この記事を書く時、Linux用のAZ paiterを使って画像加工しています。Gimpではやっとれんのよ。
ほんとLinuxにAZ paiterがなかったらと思うと…ゾッとします。便利ですよ。
posted by アラフォー親父 at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スパイウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月14日

切れてる・・・と、整形外科から言われて

itaisyaisin.png

(素材はパクタソhttp://www.pakutaso.com/より)

 ど〜も、かなり久しぶりの更新です。
ネタをどうしょうか?あれこれ迷ったのですよ、しかしテンションは上がらない。
理由というか言い訳になるんですけど、実はMRI検査というものを整形外科で行いまして、左膝半月板が切れている(巻き舌風)という結果となり、現在投薬とリハビリになっております。

knee2.jpg

(写真はhttp://www10.plala.or.jp/towns/picture.htmlからお借りしました、同じ左膝半月板断裂です)

 先生の説明では、半月板が正常であれば、MRIでは黒くなるそうで、「白くなっていますよね…これ、切れている証拠なのですよ。」とのこと。
症状が酷くなると、半月板が巻き込まれて、膝が曲がらなくなる場合があるそうで、この状態になると、内視鏡で手術。最悪は人工関節という話です。
そんなわけで、スポーツは駄目(つまり今は走るな)という事です。

 前々から膝に違和感があったのですが、チャリで歩道の段差を乗り越えた瞬間、激しい痛みが走り、なんか水でも入れたんじゃないか?と思うくらい腫れ上がりまして…この時には既に半月板が切れたみたい。
 それを誤魔化しつつ、日常を過ごしていたわけですが、基本的に医者が嫌いで中々行かなかった為か、判ったのがチョット後になっちゃいました。

 「若い時に体力があった人ほど、自分の衰えが中々自覚出来ない傾向にあるので、気を付けて下さいね。」と、言われてしまいました。
 まあ…完全に年寄り扱いですわな、事実いい歳になりつつあるわけですから、精神と肉体のズレが余計大きいのかもしれません。
気持ちは昔と変わらないが、完全に体が付いて行かなくなっているわけです。

 そんなこんなで、ネタとしてはつまらん話でした。
posted by アラフォー親父 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント