2012年08月16日

おぅワケ〜のファビコン準備しろ!わかりやしたぁ〜親方!

hamawaridakedosa.JPG

 ども、アラフォーでござんす。
ネット徘徊をして「ああっこりゃ〜良いサイトだね」とか、
「これは良くまとめられているブログだよね」
といった感じで、筆者はBookmarkしてしまうのですが、
あとでね、Fire FOXやOperaなんかからアクセスしますわな、フっとそこでプラウザのBookmarkを見ると、「ファビコンが表示されてない!」というようなサイトがありんす。

 これがね、結構大きいサイトでもあるんだよね。
こことか⇒http://dl.ndl.go.jp/(サブページだけどね)
ここも⇒http://www.microsoft.com/ja-jp/atwork/default.aspx(おおお〜ぃ!)
そして、はてブで有名なここもhttp://bazubu.com/

 中にはプラウザのタブにはファビコンが表示されるけど、Bookmark用には表示されていないというサイトもチラホラあるわけです。

 時にはサイトの名称が似通っている(SEOだろうね)為、ブックマークしたら、何がなんだか判らないほどサイト名称が似ている、しかも両方ともファビコンないぞぉ〜という状態もあるわけですよ。

 これってさぁ、多くの人はRSSリーダーを使っているから、関係ないのかな?
と考えてしまいました。

 ファビコンを表示させるには
  1. 16 × 16pxのサイトのマークになるような、pngかgifの画像を用意します。
  2. 画像を拡張子( .ico )の画像に変換します。
  3. 自分が管理しているサイトやブログにUpします。
  4. ヘッダーにLinkより始まるタグをいれて反映させます。
 とまあ、こんな感じで手順を踏んでいけばいいわけですよ。

 何でもね(料理だろうが仕事だろうが)手順を知っていれば大抵のことは大丈夫です。
あとは、その中に自分なりのやり方を加えるとか、そのまま真似るとか、一度でも行なっていけば、もう“君もプロだ!”と言われるのかな?

 では、先ほどの順番で行うTipを少々説明しておきましょう。


16 × 16pxのサイトのマークになるような、pngかgifの画像を用意します。

faviconyougazou.png
 

 最大にして最初の関門が画像の準備です。
いろいろな方法がありますが、基本となる画像のサイズは先に示している通り16 × 16pxの画像が基本になっています。

 なぜ最初で最大の難関かといえば、自分が管理しているブログにしてもサイトにしても、
「どんなイメージアイコンが良いのか?」というイメージをカタチにしなければいけないからです。
 デザインの苦手な人や、今まで作成したことがない人ならば、当然ここで悩んでしまいますが、打開策も当然あるわけです。

  • 単純に“サイト名”からヒントを得る
  • 書いているジャンルからアイデアを得る
  • 有名なサイトを見て、参考にする


 とてもベーシックな部分ですが、イメージのアイデアが浮かばないならば、上の3つの中から選択しておくと良いわけです。

 「有名なサイトといってもねぇ、そんな時間も無いし」という人は、まとめているサイトがあるのでこちらを見ると参考になるでしょう(逆に悩むかもね)

http://fineicons.com/favicon_gallery
gyarary.png


http://thefavicongallery.com/
thefavicongaller.png


 ある程度のイメージが出来上がったら、ザックリとしたイメージをペイントで作成しておくといいでしょう。
 拡張子は、この時GifかPngで背景がろ過出来る拡張子がベターです。


画像を拡張子( .ico )の画像に変換します。

faviconsakuseisaitodayoq.png
 

 画像のイメージを作成できました、でもね拡張子が( .ico )でないと、プラウザに画像が反映されないことがほとんです。
 拡張子を( .ico )に変えなければいけないのですが、これをソフトで行おうとすると
高性能ソフトを使用しなければいけなくなります。
Photoshopは万人が持っているソフトではないので、フリーで作れる方が良いのですが、それでもGimpを使っているとか、Pixiaの達人ならともかく、誰もが高性能画像ソフトをつかっているわけではないわけです。

 また注意点としては、画像サイズが小さいので、複雑なデザインにするには、相当難しさを伴います。

 そこで、オンラインで作れるサイトがあれば、そこに“元画像”をUPして、( .ico )のファビコン画像に変換してもらったほうが、時間効率にしてもクオリティにしても間違いがないでしょう。

オンラインで作れるサイト


オンラインサイト(ジェネレーターサイト)で作成してもらったら、画像をダウンロードして保存しておきます。
 ここまでくれば、あと少しです。


自分が管理しているサイトやブログにUpします。

screenshot.gif
 

 自分が管理している、サイトやブログに画像をUPするのですが、普通のHTMLで書いているHPでは、FTPソフトで行いimagesフォルダに入れておけばよいので、そんなに悩まないと思います。
 またブログの場合でも、ファイルマネージャーで画像をUPするだけですから、それほど神経を使う必要もないのですが、ブログの場合注意点が一つあります。

 どこの無料ブログであっても、またWordPressを使っていても、必ず画像をUPさせた時画像までのPassが表示されるはずです、または画像を記事に貼り付けるHTMLが表示出来るようになっているのですが、そのHTMLもしくはPassをエディタやメモ帳にコピペしておいて下さい
(これを忘れちゃ〜ダメだかんね)

 記事にファビコンを表示させるわけではないので、最後にちょっと必要になるからです。
 また画像ファイルは、「favicon.ico」にしておいて下さい


ヘッダーにLinkより始まるタグをいれて反映させます。

Coding.png
 

 さぁ〜て最後ですが、ファビコン画像がしっかりと表示されないといけません。
まずファビコンの情報ですが、これはHTMLファイルであれば文章宣言に記載しなければいけない決まりになっとります。
 タグは以下のとおり

<link rel="shortcut icon" href="images/favicon.ico" >

images(画像が入っているフォルダの名称)/favicon.ico(画像ファイル名)
これをherf=""の中に入れましょうと決まっています。

 大抵のhtmlファイルの文章宣言ですと、タイトルの後に、meta情報をいれて次にlinkしている(CSSファイルとかね)情報を記載するのですが、ファビコンもlinkさせますので、同じlinkタグのグループに入るようにして方が綺麗です。

 metaやlinkの順番がバラバラだとね、いくら見えない部分と言ってもちょっとね……

 ブログはどうするのか?

 これは普通の無料ブログの場合と、WordPressなどのタイプで記載する部分が違ってきます。
 一般的なFC2やseesaaは、テンプレート編集でhtmlの部分が操作出来ます。

 先ほどhtmlファイル編集と同じように、使用しているテンプレートのhtmlに記載すれば良いわけですよ。
 この時、“画像ファイルまでのhtmlやPassはメモしてね”と書いているのですが、これを

link rel="shortcut icon"に続く href=のダブルクオーテーションで囲まれている部分に記載しないと、反映されないわけです。

 無料ブログの多くはhttpから始まるファイルマネージャーへのパスになっていることが多いと思いますので、判らなくなったら、再び自分が管理しているブログのファイルマネージャーを見て確認して下さい。

 念のためもう一度言いますが、htmlタグを理解していない人の場合、
 必要なのは、http=○○○/images〜hogehoge/favicon.icoとなっている部分までで
</a>までは必要ないわけです。
ダブルクオーテーションで囲まれている範囲が必要になるわけですから、注意しておいて下さいね。

 WordPressを使っている人は、テンプレートが分かれていますから
ダッシュボードから、外観 > テーマ編集 > header.php と辿ればテンプレートを編集することができますので、簡単ですよね。

 なお、アメブロを使っている人は、この方法ですとファビコンは反映させることが出来ません。理由は“htmlファイルをいじれないようにされているから”という単純な理由があるからです。(どれでもアメブロマークですから)

 
 まとめ的な事
 
 ファビコンが無くても、実際のところそんなには困らないのですが、もしもブックマークしてもらったとしたら、何も無いのは寂しいわけですよ。
やはり他とは差別化を、小さいことですが行なっておくほうが良いと筆者は考えておりますが。
人それぞれだからねぇ〜。
タグ:ファビコン
posted by アラフォー親父 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月26日

ブログタイトルに悩んだら駆け込み寺になるホッテントリメーカーはもう知っているよね?

Web Design.png

 どもアラフォーです。
大した話題でもないのですが、既にホッテントリメーカーhttp://pha22.net/hotentry/)というサイトは利用したことがあるでしょうか?
 ブログを書く時、記事を書いていくうちに内容とタイトルが合わなくなる、筆者のような未熟者とは違い、大抵の方はキチンとタイトルと内容が合うブログを書かれています。

 しかし、つかみになるタイトルが地味だったり、上手く決められなかったりして、素晴らしい内容であるにも関わらず、あまりユーザーの訪問がないという方も、多いのではないでしょうか。
hotenntorimekar.png
 以前ですね、ブログタイトル36文字の法則なるものを、記事にされていた方がいたのですが、これは検索エンジンの特性を見事についた記事だったわけです。
パソコンの検索エンジンで表示されるタイトルの見出し部分、ここに注目されたわけですが、これがスマホなどで見てみると・・文字数が36じゃありません。
 ほぼ24文字、そこで短くてもインパクトのある内容にするには?

1・センスを磨く
2・ライティングの技術を磨く
3・本を沢山読み、アウトプットする
4・ホッテントリメーカーを使う

 こんな感じで思いついてしまいました。
1と2は、一夜干しではどうにもならない部分があります、3も同じく。
中々アイデアが浮かばないときに、4のホッテントリメーカーを使う方法なんか、いいんじゃないかと思います。

 あらかじめ、何らかのテンプレが入っているテキストから、JavaScriptを使ってランダムに選択されて出てくるのではないか?(CGIなのでしょうか?)とは思うのですが、組み合わせが面白く、思いがけないタイトルになって、アイデアが出ない時のあなたを、助けてくれる可能性があります。

 タイトルはそんなに大事なのか?

 大事です、これは現在のWEBを考えると、文句はないでしょう。
いくらコンテンツ内容が素晴らしくても、タイトルの出来、不出来でユーザーの流れが違ってくる事は、誰も否定しません。

 出落ちでインパクトが強ければ、多少中身が貧弱でもユーザーは集まるものです。
(気が短いのがWEBユーザーの性質ですからね)

 ブログを立ち上げたばかりの人は、とりあえずブックマしておけば、モチベーションが下がり気味の時に、ヒントになるかもしれません。
posted by アラフォー親父 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年09月24日

私がWordPressを辞めた理由

 ども、アラフォーです。
使っているWordPressでは釈然としないリンクエラーが頻発しる状態でした、
しかもブログユーザーの殆どが、猫も杓子も皆「WordPress」というほぼ独占市場。

なんですかね、こんな状態「面白いわけがない」という考えです。


果たしてこれでいいのだろうか?という疑問が常々あったのが誰あろう

この私であるアラフォーだったのですが、この度このイキナリ系のWordPressを

頭に来てザクッ!と削除してしまいました。


 困るわけですよ!リンクエラーばっかり出てくるとね。

プラグインも本体も、更新の頻度が高いですし(仕様が変わる)

少しでもログインしておかないと、記事の更新の前にプラグインの更新を行うという

ヤル気がある時に気勢を削がれる事が頻繁に起きていたわけです。


記事数が多い状態ですと【300超えていますから】ブログ立ち上げの時よりも

更新の頻度は多少なりとも落ちてしまいます。


 単純にニュース系とか、ネタ系のブログですと、話題そのものが他から入ってきますから

自分の頭を捻って記事を書くという労力が少なくて済むわけですが、

ネタを流用している事が少ない、私のようなブログでは自分で考えて記事も自分で書き込む

加えて内容は極めてマイナーな状態ですしね。


 そこで、違うCMSを物色している段階なのですが、まだ候補が絞り込めていないのが現実です

候補は色々あるにはあるのですが、使用目的に合っているのか?

を十分吟味しておかないと、適材適所ではないですけど向いていないCMSを使用すれば

当然サイト作成の時間ロスにも繋がりますので、マイナスになるわけです。


 かといってMovable Typeへ戻る気がないのは明白なので、

恐らくはMODxJimdoあたりを使うと思います。


 マイナーな記事しか書かないのであれば、そんな事を言わなくてもいいんじゃない?
という意見もありますが、アクセスの集まる記事の書き方はそんなに悩む必要はありません。

  • 時系列に沿った話題を提供しているのか?(ニュース・芸能)
  • 皆が知っていそうな話題なのか?
  • ソーシャルのフォローユーザーが多いか?
 大体こんなところで決まってしまいますので、そんなに悩む必要は無いわけです。

逆に、マイナーな話題でアクセスを集める方が難しいので、それを解決してあるブログの方が
断然記事の書き方など注目すべき点が多いと思います。

 余談はさておいて、CMSの話題へと戻りますが、使用目的にあったCMSを使わないと
サイト構築が不利になるという部分は、共通しているわけですから

まずはどんなサイトにするのか?を考えておくことが一番重要な事だと個人的には思うわけです。

タグ:WordPress
posted by アラフォー親父 at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月03日

テキストの装飾を、きちんと使い分けているだろうか?(物理要素の上手い使い方)

 話をしよう、

HTMLのフォントタグの中には、<b><i><u>といった

装飾タグが含まれている事はご存じだろうか?


 これら装飾タグは、物理要素と言われているが、実はHTML規格で判断すると、

本来はあまり好ましくない(できれば使ってほしくない)タグと言われている。


 しかし多くのブログに装備されているエディタには、簡易アイコンが装備されていて

(ワードのようなアイコンの事だ)

アイコンをクリックすると、これらのタグが装飾品として装着される。

(seesaaの場合) ↓
edit.png
 

 忘れてはならないのは、装飾タグはSEO的には全く意味が無いという部分になる。

一般的に、SEO的に効果があるタグとしては<em><strong>と言われている。

 strongは、そのファイルの中で一番強調したいところに使われると、効果が高いと言われている。

 もう一つの em の方は、強調することはするのだが、文章が斜体になってしまう強調を事をいう。


 ただし、これらの装飾タグと強調タグは、スタイルシート(CSS)で指定しておかないと

プラウザで確認した時に、ハッキリとした区別がつかない状態になっている。



  • <b>は<strong>と区別が出来ない【文字が太くなる】

  • <i>は<em>と区別が出来ない【文字が斜体になる】


 簡単に言えば、この2通りになっている。

 

 そこで、2通りの判断の仕方が出てくるのだが・・

聞いていない?昨日説明したじゃないか・・あっ すまない 君にとっては明日の出来事か。

いやもっと先だったかもしれないなぁ。


 まず一つ目は、同じ装飾にしてしまうという考えだ。

 <b>は<strong>も、同じ文字の色を指定して、(青や赤のことだ)

記事を書いている側からは区別できるが、プラウザの表示は同じになる。

単純だが、考えている以上に効果は高い。


 検索エンジンは、当然のようにstrongの方を重視するのだが、文章は君と同じ生き物だ

当然文章を太くして、読んでもらいたい部分も多く出てくる、しかしサイトの内容やブログの内容とは

少しばかりズレている部分だった場合など、この同じ文字色や太さにしてしまうという事は効果がある。


 もう一つの考えは、そうだ・・・・

全く違うように見せる設定を、スタイルシートへ施しておくという考え方だ。


文字の色・文字の太さや通常の文体か斜体なのか・・・・・だが、この方法には少し難点がある。

そうだ・・文章の部分が、カラフルになりすぎて非常に読みにくくなってしまうという点だ。


まるで、受験中の参考書のような文面になってしまうからね。

書き手なら読みやすいかもしれないが、初めて見た人が読みやすいとは限らない・・

 自分が使っている、ブログエディタのHTMLタグを確認した事があるだろうか?

HTMLファイルだけで作成したサイトならば、スタイルシートの指定は自分でおこなっているのだから

しっかりと把握は出来ている。

しかし、ブログに最初から装備されている、または自分がプラグインとして取り込んだエディタは

b【ボールド・・文字を太く】アイコンをクリックして出てきたタグが、

単純に b ではなく strong として吐き出すエディタもある。

 
(アメブロの場合) ↓
edit2.png
 
(FC2の場合) ↓
 
edit1.png
 

 君が意図した通りのタグを、きちんと使えるようになっているエディタなのか?

それとも違うのか?が問題になるわけだ。


 一度は、確認しておくことだ。

案外、自分が意図していないタグを使っている場合があるからだ。


CSSスタイルシートで、あらかじめ指定しておくことが必要になって来る事が理解できるだろう。

では、いい旅を

 
 ※ エルシャダィのルシェフルの喋りを、文面で真似てみました。
posted by アラフォー親父 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月28日

seesaaブログカスタマイズ(背景画像を表示させない簡単な方法)

 このブログはseesaaさんのところで使用させてもらっているのですが、

以前のデザインは、背景が黄色のNoteテンプレートだったわけです。


このseesaaさん以外にも、有名なブログではFC2さんやアメブロさんがあり、

そこでも星の数ほどもある無数のテンプレートが、皆さんの使用を待っているわけですが・・


 ブログのデザインを決める時には、それぞれの考え方があってしかりなのですが

画像中心、動画中心のブログはさておいて(基本的な考えが違いますので)


どうしても文章が中心になっている、ブログの記事は

文字の読みやすさ!が一番大事になっていると筆者は考えているわけです。


 美しいデザインや、自分の好きなデザインで、テンプレートを選んでしまいがちですから

ブログの一番重要な内容を伝える文章が読みにくいと(筆者はあまり自信がありませんが)

何を伝えたいのか、全然判らなくなってしまいますよね。

 mikusyoke.png
 文章の内容は、どのジャンルでも違いがありますので割愛しますけど


デザインという面から考えると、ポイントは



  • 行と行の間隔

  • 文字の大きさ

  • 文字と文字の間隔


という面に尽きるわけです。

デザインが素晴らしい、しかし文字サイズは小さいし、行と行の間隔が詰まっている・・・
文章は大変読みにくいものになってしまいます。

せっかくの、すてきなデザインが生かされないというわけです。


 そこで、CSSスタイルシートで、これらを指定してあげるわけですが・・・

どの部分を変化させると、それがブログへ反映されるのか、初心者の時ですとまるで判らないわけです。


そこで、文章に関係するCSSスタイルシートの調整の部分は知っておく必要があるわけですね。


  • line-height・・行と行の間隔です。

  • font-size・・文字の大きさです。

  • letter-spacing・・文字間隔になります。


 う〜ん、そんな事を言われても、どうしたらいいのか?

と考えてしまいますが、基本的な数値基準という部分があります。



line-height

基本的な数値としては、160%位が適当と言われています。しかし筆者の場合は、この数値では少し間間隔が狭く感じる事が多いので、180〜190%の間で間隔を設定してしまう事が多いですね。

font-size

文字の大きさですけど、スタイルシートにもよりますが、H1やH2タグの見出しなど、少し文字を大きく見せる場合と違い、通常の文章ではpx単位では12pxほどの大きさ。em単位なら1em位と言われていますが、これはモニターのサイズ(13インチや15インチ。大きい21インチ)であっても、プラウザでフォント指定がなされていないと、その指定サイズで表示されてしまいます。そこで95%や100%などの%で指定する事もあります。筆者は主に、97%で指定してしまう事がおおいのですけどね。

letter-spacing

これは文字と文字の間隔ですから、狭いと見にくくなり、広すぎると内容がいくら良くても、ビロリ〜ンと間抜けな文章へ変身してしまいますから、通常はnormalでもいいわけですけど、少し広く取りたい場合(箇条書きなどのリストみたいな部分)では、0.3emや4pxなどで、少し文字間隔を広げてあげます。


 これだけで、文章の部分が決まってきたら・・背景に注目してあげたりしてみるわけです。

綺麗だけど、うざい背景画像などがあります。
 
sanple.png
 

 このブログでは、元のデザインを"黄色いノート画像"だったのですが、

筆者が感じたのが、ノートのラインが文章を邪魔していた部分でして、

綺麗だけど自分の個性を出せないヘッダー画像を変えたのと同時に、

全然マッチしないサイトの背景画像を表に出てこないようにしたわけです。

 


#container{ ←このテンプレートの場合は、サイト全体のid指定はcontainerとなっていました。

margin:0px auto 0px auto;←サイトのマージンは、0でプラウザに合わせてautoでした。

width:778px; ←案外横幅が狭くなっていましたね。

/* ←CSSスタイルシートで、コメントを使う時に指定します。

background-image:url(http://blog.seesaa.jp/img/bg/note/bg.gif)

画像のアドレスを指定してありますね、自分の画像フォルダではないので、どうしようもありません。

background-repeat:repeat-y;←横方向へ繰り返す指定です・・

う〜ん、元画像が小さいのにこれでは

*/←で、コメント指定を行って、ブログに反映させないようにしたわけです。

}

 
negimiku.png
 

自分のブログで指定してみると判りますが、CSSスタイルシートの一部をコメント扱いにしてみると

コメントとしている部分が反映されませんから、ブログのデザインに変化が出てきます。


 テンプレートによって、(作者が違う為)id指定【ブロック要素】が若干違いがあるのですが

背景画像の指定には、backgroundの文字を探すと、大体判りますので、画像を表示させたくない場合は

background-imageが記載されている部分を、コメント・アウトさせると背景色だけの指定となります。


 小ネタとして、覚えておくと便利です。

【 〜/* コメントとして扱いますから */〜 】

タグ:デザイン
posted by アラフォー親父 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月31日

アクセスを集めるために、ひとつ見直してください。

 前回チョチョっと、ブログアクセスに関わる話をしてみましたが、

実際のところ、日記という形でブログを書いている人が、やたら多い事に気づきます。


 今はツィッターという、便利なツールが出ていますので、

やれ、今日は何食べたとか、どこそこのスィーツが美味しかったなどの意見は、

ツィッターの方が、早く情報も回りますし、閲覧する人も増える傾向があるようですね。


 前回も書きましたが、一般の人は芸能人とは違いますので、

パーソナリティなり、記事の内容なり、固定のファンがいなければ、

日記を書いても、必要な情報として認知してもらえないわけです。


 どうしても、検索などで情報を得る事を目的にしている人が多いわけですから、

よく言われるコンテンツの充実を目指す方向が一番です。


 そんな情報なんか、一切無いよ!という人もいるかもしれません。

 しかし、よ〜く考えてみると、必ず出てきます。

 サラリーマンの人でも、通勤時間の有効活用とか、もしも幹事になったら

という話題だって、りっぱな情報です。

 私的な事を書くことが多い人は、一度自分のブログを見直すと、

また違った話題を提供出来るかも知れませんよ。

(ネタが無くなる事が、ブログ更新の最大の障壁ですからね)

posted by アラフォー親父 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月25日

たまには、違う処のブログなんぞを

 と言うことで、seesaaブログを使いつつ、他の無料ブログはどうなんでしょうか?

と言う事について書いてみたいと思います。

 とは言っても、他で使用した事があるブログは、アメブロエキサイト
というブログなんですが、エキサイトブログは・・・・現在は使っていません。


 実はこのいきなりホームページは、エキサイト・ブログで当初は始めました
しかし、何と言いますか筆者の感覚には、そぐわない事が多かったため、

現在のseesaaブログを使用して、ツラツラと書いているわけなんです。

どういった面が合わなかったのか、今では覚えていませんので、可も無く不可もないところが合わなかったのかもしれないと思います。

 では、アメブロはどうなんじゃ〜なんですが・・・seesaaに比べるとカスタマイズ性は落ちます。
弄れる部分はCSSのみ、HTMLの部分は自分で触れません。

サイドバーの部分も、CSSの知識が無いと、色々な部分が弄れないというわけです。

 じゃあ、何で使っているの?と思いますよね。


 実際のところ、有名人の使用が多いので、アクセスが集まりやすいという面があります。
無料ブログ機能の中に、足跡を付けるペタという機能があります。

つまり、ブログ訪問者の足跡を残しておいて、自分のブログへ来てもらえるように、コメントとかを残せる機能があるわけなんですね・・・しかし、どうかすると検索エンジンからのアクセスよりも、

そこの無料ブログが管理している範囲内での、アクセスになりやすい!という部分もあります。

このいきなりブログは、検索エンジンからのアクセスが、大変多いブログなのですが、

 こういったアクセスになるかどうかは、やはり記事次第ではないかと思います。

ユーザー数も多く有名人も多いので、自分のブログに有名モデルさんのペタなんかも付いたりします。
 特に美人さんは写真を公開していると、アクセスが簡単に集まりますよ〜

 筆者みたいなオッサンは、写真では無理ですからハハハハ。

 美貌に自信のある女性はやビジュアル系は、アメブロがお奨めでしょう。


タグ:ブログ
posted by アラフォー親父 at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月16日

まだ1MB・・

 seesaaブログのファイル使用範囲は100MBになりますが、
筆者がこのseesaaブログを使用して、や〜とのこさ1MBを消化出来ました。(あれま!)

 単純にテキスト中心で行ってるものですから、キャパの足しにもならない状態です。
これが画像やムービーをアップしている人なら、容量が足りない!と言うのでしょうか?

 今回で、実は96回目のブログ・アップなのですが、ボチボチの画像とテキスト中心で
全然容量を使っていない1MBという状態。
これじゃ〜何回アップしたら、seesaaブログの容量を使いきる事でしょうか・・・・。

 そんなこんなで、相変わらずボチボチと記事をアップしていきますが
seesaaブログユーザーの方はXMLマップ出力はしていますか?
see3.jpg



単純にSEO対策として行うといいわけなんですが、
検索ロボットのガイドとして、XMLマップが使われていますので、アクセス数を上げたい人は
XMLマップ出力はしておいた方がいいですね。

 seesaaブログエディタですけど、HTMLタグ編集が行えるように
リッチテキストエディタの使用もOKにしておくと後々便利です。
see4.jpg


 筆者はリッチテキストエディタを使用している方なのです。
  1. 設定はリッチテキストエディタにしておく
  2. 記事投稿・編集時に右上のHTMLをクリックする
  3. HTML画面が出たら、自PC内のブログ原稿をコピー&ペーストして更新
  4. すると、きちんとタグ入力された記事になります。

 とまあ・・・簡単です。
記事の編集などで使うエディタは、このブログでもご紹介している
VxEditorやttt Editorなどを使うと便利ざんす。
see.jpg
他のお奨めはへてむる・クリエィターになりますけど、筆者個人の使い方でUTF-8専用
しているので、S−JISで構成されているseesaaですからTTT Editorというわけでござんす。
まっ・・ひとつ参考までに・・

posted by アラフォー親父 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。