2010年12月24日

外付けのキーボード【その2】

 前回、少し外付けキーボードについて触れたのですが、

通常はディスクトップ機で使うわけですね。

そのキーボードを、ノートPCで使っているのが筆者なのですが、

【それもSONY-VISTA搭載機だけなのすがね】

ノートPCという構造の為、外付けキーボードを使うには

多少なりとも、工夫が必要ではないかと感じているわけです。

まず・・当然のように、サイズが違いますので、

使わなくなった、ノートPCのキーボードの上に乗せるか

それともPCの手前に、さり気なく置いておくか?

【さりげなくは・・ないな。】

ノートPCと違うところは、いわゆる【テンキ―部分】になります。

これを邪魔と考えるか?便利な付録と考えるかは、個人差があるのですが

個人的には、無いよりはあった方がいいタイプなわけです。

あまり気にせず使い倒しているわけです。

PCの手前にそのまま置いてタイピングしますと、

モニター画面の大きさが災いしてか、大変字が見にくいわけです。
(単に年のせいかもね)

 PCの上に乗せても、まあ・・外付けキーボードの厚みの分

少し肩が凝ってきます。

高さを考えれば平気なのでしょうけどね・・・・

マイナスの部分も当然あるのですが(当たり前ですけどね)

使えなくなったノートPCの、原因がキーボードに在るのならば

外付けを使ってみる事もいいわけです。

【その時は、ノート本体のキーボードの配線を外しておく事】



posted by アラフォー親父 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月22日

外付けのキーボードを、ノートで使う羽目に・・・


 結構、以前に比べたら、更新の頻度が頻繁ではないこのブログです。

そんなわけで、久しぶりの更新ということなのですが・・・


 段々ネタ切れ状態になっている事と、

単純に寒いので、モチベーションが上がらない事が、

ブログの更新の遅れの原因です


 わかっちゃ〜いるけど、改めない中年不良ですたぃ

 え〜今年は、SONYのノートPCが壊れ、富士通のノートへ統一したのですが

グラはやっぱりSONYの方が、上だったわけで・・・

まあ、OSが違いますので、当たり前と言えば、当たり前なんですがね。


 年末の寒空の中、筆者は何を考えたのか

外付けのキーボードを、憤死したSONY VISTAのPCにつなげてしまいました。


 と・・ここまでは、普通の話ですね。(普通でもないけど)

 ヤマダのポイントを使って、お金を払わずに持ってきたのですが

(バッファロー製で、年末セールで\780かぃ・・・)

そもそもの諸悪の根源は、SONYのPCではキーボードに存在していましたので

まずは、チェンジキーソフトを解除(途端にエラーの嵐でしたが)

キーボードを接続して、とりあえず使えるようにしているのですが・・・


 外付けのキーボード自体、本来はディスク・トップ用ですから

まあ・・なんだかんだで、最初はギョ!としたわけです。


 まずは、ノートPCと違い、Fnキーがありません・・・・

 これでも、困りはしないのですが、

SONY製の特徴なのか、FnキーとF4などで、PCの音量調節に使用していたり

割と、機能が豊富だったりしたので、無いのは始末が悪いわけです。


 しかしながら、キーボードはやはりタイピングがしやすく

ノートPCに比べると、これがまた静か・・・・


 ノートの安っぽい、カシャカシャ音から解放されて、使えるわけです。

 でも、現在の主力は富士通のXPで、

殆どののソフトは、既に移行済みだったりしているもんですから、

どうやら、子供のおもちゃか、嫁の動画専用機となりそうです。


ディスクに比べて、どだい頑張っても画面の小ささは、解消されませんし

ノートのキーボードの位置が、あの位置だから画面の小ささを我慢できるわけですから

少しでも遠くなると、これが大変小さく感じてしまうわけです・・・(ノд`)/


 プラウザの文字設定をし直さないと、見にくい事といったら・・・

\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ


 そんなわけで、SONYのPCをコタツ周りに配置して、

気楽に使えるPCに変身させているわけですが・・・

HDDが死なない限り、なんとかPCは使えますからね。


 ノートPCで、キーボードが死んだら、じたばたせずに

外付けを購入して、使った方が結果的には良かったよ・・・

という、普通のオチです。


 Fnキーは無くても、何とかなりますからね。_(..)_ オソマツ!
posted by アラフォー親父 at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月27日

VISTAよりXPへの移行

というお題ですが、筆者がついこの間購入したのがVISTA Businessが入っている
富士通のPCだったのです。

 ところが、普通にリカバリーなり、HDDの載せ替えなり行ってあれば、
別に問題なくVISTA Businessを使えるはず!……だったのですが、
まぁ…富士通でOS起動前に使える、トラブル解決ナビでは
管理者としてのAdiministarterでアクセス出来ないVISTA BusinessのSP1が入った途端
新規フォルダの名前が変えられないなどなど・・・・なんじゃ!こりゃ〜
という状態になったわけです。
中古ですから、確かにね・・何が起きても仕方ないけどさ・・
だったら、リカバリーしています!とか言えるかよ!というわけなのです。

 そんなこんなで、探しましたよリカバリーを……
メーカーへ直接問い合わすと、¥5000ちょっと・・高い!なんか高い感じです
それなので、ヤフオクで探したら、XPでのリカバリーを発見、即日購入となったわけです。

 おかげさまで、VISTAとXPの比較なぞが出来なくなりましたが、
少し大きな画面で作業できるようにはなってきました。

 筆者がどうしてVISTA Businessにこだわろうとしたのか?と言う事ですが・・
これもちゃんと理由がありまして

  • サポートが、Businessに限り、延長で2017年まで
  • OSの画面解像度の違いからなのか、フォントの表示がXPでは綺麗にならない
  • PC内部のファイル検索は、VISTAの方が確実に早い

 と、悪いところだけではないので、
出来ることならばVISTA Businessの方を使いたかった!というわけなのです。

しかしXPの方も2014年まではサポートがありますので、
安定感を頼りに、使い倒していくしかないわけですね・・
リカバリーはいいのですよ、その後に控えるエディタなどのセッティングが・・・
やっぱ外付けHDDへ一度移動させてから、やれば良かったと痛感しています。
(金の問題ですよ・・ほんと、育児していると金の無くなり方が早すぎて・・)

posted by アラフォー親父 at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月19日

パーテーションの変更

 ウィンドゥVISTAのメニューで、コンピューターという欄があるのですが、

ここの部分をマウスで右クリックすると、管理というメニューが出てきます。


管理をクリックすると、ディスク管理という項目があるのですが、

これを使って、ボリュームの調整を行ってやります。

結論から言うと、これでC;ドライブとD;ドライブのパーテーションを変更する事ができます。
(いらんところを弄らなくて良かったとよ〜)・・ん?(-。-;)表現がヤバイか・・


で・・この原稿というか、今はXPを使ってブログを書いているような状態ですから

な〜んも写真がありません。

(画面キャプチャーソフトを入れる前でしたので・・)

しかし、簡単な説明でも何とかなるかな?と考えたので、記載しておきます。



  1. PCメニューのコンピューターを右クリック

  2. 「管理」をクリック

  3. 左にある「ディスク管理」をクリック


勿論、これだけの手順では、単に管理メニューを開くだけですから、

自分の目的に応じて、やり方が若干違ってきます。


まずは、C;ドライブとD;ドライブの容量を変えたい時!(あるよね〜)

とりあえず、ディスクの中身は把握しとるよね?・・・してない?・・まずドライブ確認です

その後で、リカ張り造りが必要なら(リカバリーディスクですよ)作っておいてください。

たまに、メーカーがD;ドライブに、リカバリー領域

少し作っている場合があります。

ディスクを作る前に、消しちゃったらいけませんので、まずは確認です。


 リカバリーを作った、または持っている場合は、まずどのドライブ容量を増やすのか?

あらかじめ決まっていると思いますので、大体この位は・・と決めておいた方がいいです。


どちらかのディスク容量が、パンパンになりつつあるわけですから、

空いているディスクから、容量をよこせ!と考えているわけです。

で・・ディスク容量を、具体的にイメージするには、

ヨウカンでも、フランスパンでもいいのですが、ちょっと長い食べ物をイメージするといいわけです
(PCだからと難しく考えるから、基本の部分を忘れてパニクりやすくなりんす)


Cさんのヨウカンが小さい、Dさんのヨウカンは大きい、だからDさんからCさんへ

少しヨウカンを渡しておかないと、Cさんの機嫌が悪くなる・・

だからDさんの、ボリュームを、少し圧縮して(渡す分を作る)

誰の物でもないヨウカンを作ります。

これをHさんの分としておくわけです。


しかしCさんは、ヨウカンを食べないと倒れてしまいそうです・・・

そこでHさんの分をしていたものを、一旦キャンセルとして空白にしてしまいます。

その前にクイックフォーマットをして、綺麗にしておきます。

それから、Hさんの分を削除・・・

すると、ディスク(ヨウカン)の空きが生まれますので、
その部分をC;ドライブ拡張として割り当てると、

パンパンだったC;ドライブの余裕が生まれて、動作が軽快になってきます(安定する)

ちょっと画像が無いので、申し訳なのですが、手順としてはこんな感じです。

posted by アラフォー親父 at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月18日

CドライブとDドライブ

今回購入したVISTAの方ですが、パーテーションが分割されていて、
CドライブとDドライブに分割されているのですが・・・・
なんとその割合が

  • Cドライブが20
  • Dドライブが130

 うっかりアップデートを入れたものだから、もうCドライブはパンパンになっている
「うん?なんでこんな割り振りに・・・」
と筆者も感じて調べてみたのですが、どうも前のオーナーがHDDを増設(交換)
したのは良しとして、本来入れなければ行けなかったDドライブの部分に、VISTAを入れないで
Cドライブの方へ突っ込んだみたいなのですよ・・・
どうもメーカー出荷時はXPの領域という事だったみたいなのですが・・・
しかもリカバリー領域が無い・・・

 バックアップを行おうとしてのですが、そのバックアップソフトがインストールされていない
「おいおい・・手間が掛かるな・・」
相変わらずのんびりしていますが、内心はかなり(ヤカンピー!)の状態になっています。

そんなわけで、システム回復オプションから領域設定変更をしようとしたのですが、
Administratorに何らかのPassを設定しているようで、マニュアルの通りに行おうとしても
userアクセスではドライブ領域の割合を変更する、
トラブル解決ナビで出るはずのタブも表示されない。
なぜAdministratorでアクセス出来ないのか、筆者の脳みそではサッパリと云う状態です。

 仕方が無いので、ウィンドゥメニューのコンピューターを右クリックして、
管理画面を出して、ボリュームの割合を変更したら、突然Aeroは動作するし・・
リカバリーディスクが手元に無いので、
「こりゃ〜、リカバリーを買うしかないのか・・・」とため息が出てきます。

タグ:PC
posted by アラフォー親父 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月14日

ドンドン使おうショートカットキー

 本日のお題は「ショートカットキー」という事で、

初心者の時には、まずマウス操作から入ってしまう事が多いと思うのですよ。

で・・殆んどの人が、ローマ字入力でタイピングを覚えると思います。


 で・ぎこちないながらも、なんとか文字の入力が出来る様になってくるじゃぁありませんか

そうすると、段々慣れてきたら、マウス操作がおっくうになってくるわけです。

(ん?そんな事は無い・・若いなぁ〜筆者はダメですがな)


そこで、色々と調べてみるのが筆者の悪いところ!

ファイル操作や、編集操作でショートカットキーが活躍してくれます。


  • コピー・・・Ctrl+C

  • 切り取り・・Ctrl+X

  • 全て選択・・Ctrl+A

  • 貼り付け・・Ctrl+V


こんな操作を、ついつい行ってしまうわけですが・・・・現在使っているソフトの操作中に

違うソフトを使いたくなったら、どうしています?



  • タスク・バーのアイコンから起動させる

  • マウスで、ディスクトップ画面から起動させる

  • ウィンドゥマークを押して、スタートメニューから起動させる


こんな方法を主に使っていると思います。

ちょっとPCに詳しい人が周りにいたとしても、意外と知らないのが、

ソフトの起動に、プロバディ指定で、ショートカットキーを設定しておく方法です。


 ディスク・トップ画面にある、ショートカットアイコンを、マウスで右クリックします

すると一番下に(R)プロバディという項目がありますので、それもクリック!

すると・・あるでしょう?

 
WS000003.JPG
 

このプロバディで、あまり使わないキーの組み合わせとして、

Shift+Alt+選択キーという指定にしておくと、他のソフトを使っていても(例えばエディタ)

操作の邪魔をすることなく、他のソフトも同時に使う事が出来るというわけなんですよ。

 
WS000004.JPG
 

 特にノートPCしか持っていない、筆者と同じケースの人は、

自分が良く使うソフトを、ショートカットキーで指定しておくと、

マウス操作やタッチパッドの操作をすることなく、ソフトを使うことが出来ます。

まずは、ソフトの起動で、ショートカットキーを設定すると、

便利さがわかってもらえると、筆者は勝手に考えているわけですが・・どうでしょうか?

(* 設定例として)



  • メール・・・・Shift+Alt+メールソフトの名称からWやOやSなどを選択

  • インターネットプラウザ・・Shift+Alt+IEならIキーFireFOXならばFとか

  • Office関係ソフト・・・Shift+Alt+にエクセルならE、ワードならWとか。


 自分で使いやすい組み合わせがあると思いますので、色々試すのもいいですよ。

posted by アラフォー親父 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月12日

応急処置という事で・・・

実はChange・keyという、ソフトがあります。

このソフトを使ってですね、実は無変換キーとLキーをチェンジしてみました

何とかLキーが打てないという悩みは何とかなったわけなのですが、

さすがにキー位置が変わるという状態ですから、中々どうして使いにくいわけです。


1キーだけが読み取れないという状態なので、

あくまでも応急処置としての対策になります。

(使いにくいですからね・・・いきなり無変換がLキーですから


一つのキーだけではなく実は括弧の部分、そうです9番キーも

Shiftと併用すると、なんか変ですから当分はVISTAでタイピングがしにくいわけになります。

でもこの原稿はVISTAで書いているのですがね・・


ちょっと裏技的な使用になるのですが、こんな状態では仕方の無い事ですので、

早いところ何とかしたいと考えていますがぁ〜現在予算が無い!


「XPでいいじゃん!なんでそこまでVISTAを使うわけ?」

と聞かれてしまいそうですが、そこはそれ・・・ファイルやらソフトのセットの問題とか

実はXPでは右にAltキーが無くて以外と不便だとか・・・・

大した理由とは言えないのですが、些細な理由があるわけなのですよ。

そこで、仕方なくLキーの位置を、無変換の位置に変えてしまって使っているわけです。


 ちなみにChange・keyというソフトは、通常VISTAでは普通に起動して使う事が出来ません

そこで、マウス右クリックの管理者として実行作戦で起動させます。

すると、何とか起動してチェンジしたいキーの設定を変える事が出来ます。

ダウンロードはVectorから行いました。

緊急事態ですから、アラフォー親父は「そこに在る物で」なんとかしてしまいます。

(結構疲れるわけですよ」・・右括弧も打てないし・・}」

posted by アラフォー親父 at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月11日

SONYのVISTA終了・・!

 昨日いきなりキーボードの反応が良くなく、

筆者のようにHTMLやCSSをメインで扱う人間にとっては最悪とも言える

Lキーが反応しなくなりました。

(もう・・あ〜ぁ・・・です)


いやぁ〜何・・別にさ、日本語の入力だけなら問題ないですよ。

小文字変換をする時には、Xキーという方法もあります。

しかし、HTMLやCSSを入力する時には、これは最悪になります。


 別にね、キーマクロを設定しているから、一発で入力は出来ますとも・・

しかしね、何らかの形でLキーを使わないということは・・ありえないわけです。


<ul><ol><li><dl>などという主要なタグの追加とかどうするのか?

とか、CSSにしてもborder-leftとかの指定は、leftが打てなくなるわけですよね・・・

つまり修理するか、違う物に買い換えるかしませんと、

まさしく致命的な状況とも言えるわけです。

来月、車検が来るのに、そんな予算は無いゾゥ!・・

タグ:SONY
posted by アラフォー親父 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいおい朝からSONY動かず・・

 全く・・朝から余計な時間がかかってしまいました。

昨夜・・VISTAで原稿を作っておいて、スリープで止めていたわけなのですがね

朝に起動させるのですが、設定しているパスワードを入力しようとしたら・・

全然受け付けてくれない! オイ! どうしたVISTA君!・・・


 まず原因が判らない・・パワーパスを受け付けない状態ですから、BIOSなのか?

まで疑う始末です(なんだかんだで考えてしまいますね・・内部が壊れてしまったのかともね)

どうしてもパスワードの最後の一文字が入力出来ない・・これはもしや?

と考えました。

幸いVISTAの起動画面には、ユーザー補助画面も付いています。

(もしかしたら、キーボードが検出しないだけかも?)

試しにスクリーン・キーボードなるユーザー補助を使い、パスを入力・・

パス入力画面へ●●●としっかり入力されたので、迷わずEnterしたら・・・

無事に起動してくれました。


現在更新プログラムが入っていて、再起動を求められているのですが

これで単純にキーボードが悪いのか(そんな事は無いと思うけど)

とにもかくにも起動してくれないことには、PCは役には立ちませんしね。

で・・再起動でもやっぱりスクリーン・キーボードでないとパス入力が出来ません

う〜ん困った・・たかがキーボード・されどキーボード・・SONYってダメだわさ。

 
 しっかし・・またまた、seesaaのインターフェイスが変わりましたが・・
以前の使いやすさが少なくなっているような気が・・
posted by アラフォー親父 at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月01日

たまにはPCのメンテを!

 いつも使いぱなしでいる人も多いと思うのですが、
時にはPCのHDDをチェックする事をお奨めします。

 どうも最近動作が遅いとか?ネットへの繋がりが悪くなっているとか?
ファイル検索が遅いなどがあったら、フリーで提供されているクリーナーや
デフラグを使ってみましょう。

 筆者の場合ですが、PC内部のクリーナーにはCCleanerを使っています。きちんと日本語にも対応していますので、大変使いやすいクリーナーです。

 実は以前は、Glary Utilitiesを使っていたのですが・・・
このGlary Utilitiesをダウンロードした所は、窓の杜からなのです。
この窓の杜からのダウンロードにしても、Glary Utilitiesにウィルス付着
という一件もありましたので、ちょっと信頼感がなくなっていたわけです
それより・・一番の問題は、Askツールバーが付属していた!という事なのですよ。

 Askの件で(このブログの検索でも非常に多いのです)頭に来ていた筆者は
Glary Utilitiesを削除して、CCleanerへと乗り換えたわけです。

 ネットへ接続する事が多い人は、使っているうちに“ゴミファイルが溜まります”
履歴やら一時ファイルやら、なんだかんだでかなりの量を食っている場合があります。
PC初心者やベテランの人に関わらず、チェックしていないと、凄い事になっていたりします。
これをクリーナーでサッパリ綺麗にしておくと、かなり接続スピードが向上します。
(ただし、サイトIDやPassなどは、改めて入力しなければいけなくなりますので
メモを忘れずに! *エディタで.txtファイルに記入しておく方法もありますけど・・)

 一方デフラグについては、CドライブDドライブに関わらず、
PCを使えばHDD(ハードディスク)が動くわけです、ファイルの入れたり出したし、
ゴミ箱使ったり、削除したりしていると、ドライブの断片化
自然と起きていますので、PCがファイルを探す時に、
アッチコッチへ移動するロスが生じてしまうわけなんですよ・・
(なんとなく判ります?)
近所なら、移動時間が少ないのですが、遠くですと時間がかかりますよね
それと全く同じ理屈で、このHDDに入っているファイルを、
同じ種類・同じソフトで使うなどの理由で、近所へ引っ越しをさせるのが
デフラグ機能なのです・・・・しかし、標準でのデフラグは若干弱いのですよね。

そこで筆者は、CCleanerと同じ処から、デフラグソフトを導入して使用しています。
個人的には、CCleanerが優秀ですから、デフラグも間違いないだろう?という見込みからです
好みもあるでしょうけど、快調ですね・・
たまにはメンテも必要ですよ・・ほんと。

posted by アラフォー親父 at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月20日

VISTAのシャットダウンはNGなのか?

 う〜ん・・・夕べせっかくMery用のXHTMLタグ入力マクロ作成で頑張ってくれていたVISTAでした

特にReade_me.txtファイルの作成時、エディタ・インフォメーションへのUPなど

大いに活躍させたVISTAだったのですが、

労をねぎらってシャットダウン(以前はスリープ)させたのがいけなかったのか

今朝から、うんとも寸ともワイヤレスが繋がりません・・・・・

で・・XPのPCを起動させて、この原稿を書いているのですが・・


 周辺機器との相性の悪さや、なんだかんだのトラブル・・・

VISTAが悪いというよりも、SONY製品だから?

富士通XPの電源を復活させて、再び使えるようにしたから良かったものの・・

XPが無かったら一体どうしよう?といった状態でしょう。


 再びケーブルから、モデムは一緒なんですけどね・・・

 HDDの事などを考えて、負担がかからないように電源をシャットダウン・・

今までは、VISTA機能のスリープにしていたのですが、それがいけなかったのか?

ま・・何にしても、困った状況です。

タグ:Vista
posted by アラフォー親父 at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月09日

ノートPCがメインの人

 ディスク・トップ機が欲しいが、筆者と同じようにスペースの問題で、

少し大きめのノートPCをメイン機として使っている人はいるでしょうか?

 ノートがメイン!、しかし、殆んど据え置き状態という、あなた!


 ノートPCのバッテリーは、外して使っていますか?

「えっ・・そのまま取り付けている?」

 自宅で据え置き状態、しかしディスクトップ機ではなくノートを使っているならば、

必ずバッテリーは外して使いましょうぜ!・・それには理由がありんす



  1. まず、バッテリーは基本的に高額な物であ〜る

  2. 取り付けているだけで、消耗してしまう部品である

  3. ノートPCは、AC電源に繋げば、バッテリーが無くても動く


 余計なお世話さ、バッテリー・・・

付けているだけで、消耗するのさぁ〜と、(知っているよね?)

主婦の方や、高齢者の方などは、「もったいない」や「節約」の一言で
バッテリーを外すと思いますが、是非自宅で据え置き状態ならば、外して使ってください。
(必ず、一度シャットダウンしてからですよ)


 筆者のノートPCは2台ありますが、両方とも自宅で使用するときには、外しております。
なんと言っても高いからバッテリーは

地球に優しいエコライフで・・・何のこっちゃ・・・

posted by アラフォー親父 at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。