2012年07月18日

Sysytem32\ntoskrnl.exeが壊れている!?これは何?


 どもアラフォー親父です。
いや〜先日の音声トラブルに続いて、起動エラーが出てしまい、リカバリの憂き目となりました。しかも、バックアップを取る前だったから、もう大変……どうしろというのだ!と叫びたくなる部分もあるのですが、筆者にとって大事なのは、通常のファイルの中身などではなく、ソフトのセッティング情報なんですよ、これが最初から構築するとなると、気が遠くなってしまいそうです。

PC 002.jpg

 トラブルの時に表示されたメッセージは
Sysytem32\ntoskrnl.exeが壊れている〜ウンタラカンタラ〜というメッセージでして、筆者も初めて見たわけです「これは何?」という状態。

 最初は電源を入れてF8キーを連打しつつ、セーフモードで起動しようと試みましたが、これがあえなく起動不可\(^o^)/

 セーフモードが通用しないとなると、残る方法は……やっぱり、現状ではリカバリしかないのかよ/(^o^)\ナンテコッタイと嘆きつつ、リカバリを行ったわけです。疲れるって。
PC 004.jpg

 このSysytem32\ntoskrnl.exeが〜というメッセージですが、どうももっと深刻な部分から発生しているようでして、boot.iniセクターがOut状態になっているため、先のメッセージが出るようですね。
 そりゃ〜bootが出来なきゃ、Windowsは起動しませんがな。しかし、こんなところが?と考えてしまったわけですけど、先日の音声出ないよ〜のトラブルもありましたので、諦めですね、ホント。

 色々調べてみたのですが、なんでもbootが効かなくなった時の、回復コンソール用CDを作成しておくと、今回のようなトラブルには効果的なんだそうですが、ここまで準備している人はどれほどいるのか?までは判りません。

kaifukukonsoru.png

 マイクロソフトのサポートページ http://support.microsoft.com/kb/882569/ja
を見ますと、回復コンソールディスクを作成するには?で指定されたページを見ると
http://support.microsoft.com/kb/880422/JA
( ゚д゚)ハッ? フロッピーディスク? チョット待てよ、そんなもの今は使ってないだろ。

 さすがにこれは、いつの時代の話だよ!と感じましたので(Win2000とか98ならともかく)マイクロソフト以外で解説しているサイトを検索すると、やはりありましたがな。

pasokonntoraburtozikokaiketusaito.png
http://pctrouble.lessismore.cc/boot/system32_ntoskrnlexe.html
ページ読みつつスクロールしていきますと、「boot.ini」の編集というページへリンクしていますから、こちらを参考にして、念のため必要になるかもしれない…と万全を期したい方は、「EditBINI」の使い方というページも参考にしておくといいでしょう。
「Ultimate Boot CD」を念のため、作成しておけば、リカバリーディスク並に役に立つと、このサイトには書かれています
http://pctrouble.lessismore.cc/software/ubcd.html

 こういったサイトは、パソコンが壊れてから見ても遅いんだよね(おやじ痛感中)
良いサイトだと思いますんで、いざという時の為、Bookmarkをおすすめしておきますよ。
http://pctrouble.lessismore.cc/

 リカバリの後、何が大変なのか?といえば、筆者の場合はエディタのセッティングに尽きます。もう、勘弁してくれ〜と言いたくなる位なのですが、我ながらよくもここまで色々仕込んでいたよなと、変に感心すりゃら呆れるやらで、シコシコ使えるレベルまで持って行くようにしているのですよ。
 何はともあれ、まずはJm Editorを使える状態にして、次はMery&Vx Editorという優先順位で。Dropboxに、入力補完ファイルやマクロファイルを保存していたので、何とかなっているわけですが、これが最初の段階から準備しろといわれたら、荷物まとめて実家へ帰りたくなります。
(つ〜か実家なんだけどね、それくらい大変なんですよ)
使っててよかったDropboxです、ほんと助けられています。

 画像ソフト系は、やっぱ今まで使っていたGimp2.6のブラシやプラグインなどが痛いわけですけど、リカバリーついでと言ってはなんですが、新しいGimp2.8にチェンジして行こうかな、で移行中みたいな状態ですけんどね(こりゃ〜思ったよりも時間が必要です)

 他にもInkscapeは、今回インストールタイプではなく、7zip圧縮になっている物にして、画像ソフトフォルダの中に、突っ込んでみたわけですが、起動その他に問題ないので、一々Cフォルダにインストールするタイプは今回は採用しないのですが、こちらも色々と痛いです。

 最大の障害として、実はフォントがあるわけです。
もうね、こればっかりはバックアップどころではない部分ですから、再び記憶力を頼りにして導入しているわけですけど……実は最近のエディタフォントに、モトヤを使っていたため、再度インストールして使うとき、ダウンロードアドレスが消えてしまったものですから、再度登録しなおしてから云々〜と、どっぷりですねぃ。
 あとは手書きフォントで有名な、みかちゃんフォントやモフ字フォントとか、Bookmarkもバックアップしていましたので、Fire FOXを再インストールして外部よりインポートして、やれやれという状態ですけど、今度は入れているソフトやフォントの記録、モデム復帰情報から色々と、Dropboxに放り込んでおく必要性を感じています。(もち、テキストで)

dropbox_logo2.jpeg

 今回復帰できつつあるわけですが、これがPCが完全に壊れたとかでしたら
(しかも外部バックアップを取る前だったりするとね)
多少なりとも怖い部分もありますが、大事なデーターは保存しておく場所を十分考慮しておく必要があると思います。ベストな選択というよりも、ベターな選択しかありませんしね。
(外部HDDに入れていた知り合いが、PCとバックアップHDDが同時に逝ったという珍しい事例を示してくれているため《雷ですよん》ストレージの活用は視野に入れておく必要があるでしょう。)


posted by アラフォー親父 at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年07月14日

PCから音が出ない!で行ったことの忘備録メモ

22379_7debbbbd2.jpg
 ども、アラフォー親父です。ビックリしたんだなもう。
何がビックリしたのかは、表題のとおりでして、昨日までは普通に音楽とかAMIPプレイヤーで聞いていました。
 本日も同じ様に〜とAMIPを起動させたとたん、デフォ子さんの「あ〜ぁ」という声が。

ちなみに、先日のフォルダのアイコンだけではなく、Windowsの音も、多少ですが変更してしまいました。(音はUTAUより頂いております)
 標準の無機質な音が、少々嫌な音が混ざっているものですから、変更しているわけです、んでもってエラー音が「ピー」ではなく、ヤル気のない「あ〜ぁ」。
(余計ダメかね?)

 そんなわけで、以下行ったメモをば。

realtekdemo.png

 音がでないことに変わりがありませんので、とりあえずサウンドマネージャーのRealtekを起動させて、デモ音声を確認…聞こえるぞぃ、あれ?

 という事で、コントロールパネルにアクセスして、サウンドとオーディオのプロバディを確認してみたら…なし。contorlpanerusoua.png

 「オーディオデバイスなし」とな/(^o^)\ナンテコッタイ

otonasidayo.png

 こんなトラブルが起きたら、パソコン初心者の頃でしたらパニクってしまったと思いますが、幸いな事に大抵のことには驚かない人間になっているため、早速ググッて調べました。

 検索トップに出ているサイトはスルーして(後で見たが参考にならず)検索2位の東芝さんのサイトを拝見、見たら現象が同じでしたから、早速マイクロソフトさんのページヘとワープ

マイクロソフトサポート

fit it

http://support.microsoft.com/mats/AudioPlayback/ja

maikurosofuto.png

 マイクロソフトより、Fix itをダウンロードして、とりあえずパソコン内部を探らせてみます。

fitit.png

 ちょっと画像をキャプチャーし忘れたのですが、Fix itで検索してもらった後、サウンドマネージャーのRealtek、inputを調べるのかoutputを調べるのかのチェックが出てきます。 音が出ないので、この場合はoutputにチェックを入れて、再びFix itで調査。

kensyututyuu.png

 そうしたら、オーディオデバイスなしから、きちんと復帰してくれました。

fukatu.png

 原因は、前日の更新プログラムなのかな?とか色々考えてみたのですが、プログラム当てた後でも、音声は出ていましたのでね、判りませんよ何が原因なのかが!

 まとめ ;
 結果オーライで考えたら、音声が復活しましたので文句はないのですが、突然消えてしまった原因が全く判らないのが解せないわけです、とは言っても筆者の知識では対策とか立てられるわけないですから、音声復帰をヨシヨシとしておきます。
 ハードの方が壊れている場合は、違う方法になるからね。
posted by アラフォー親父 at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年07月13日

フォルダよ、またお前か!もっと判りやすく着替えてくれよ。

9015ead2_300_300.jpg

 ども、アラフォーです。
Windowsを使っている人は、エクスプローラーは必ず使っていると思います。
しかし、Windows標準のフォルダですが、数が増えてくると自分で作成していても、見つけるまで時間が必要だったり、あのFileはどのフォルダへ入れたのか?と探しまわる事も珍しくないかもしれません。

 標準でドキュメントとか、ピクチャーとかあらかじめ決まっている物がありますけど、あくまでも主観ですが、どうも視覚性があまり良くないと感じているわけです。
 乱暴に“慣れ”で片付ける人も多いわけですが、一度でもDock系のランチャーを使ったことがある人は、そのフォルダ画像のクオリティや、視覚性の高さから、Windows標準のフォルダ画像が情けなくなったり、もう少し自分自身にとって判りやすい画像であれば…と感じてしまう人もいるのではないか?と感じたわけです。

 筆者自身、マイドキュメントのフォルダには、視覚性を高くしたいために、別のアイコン画像を割り当てて、使用しています。

 とは言っても、この方法は拡張子が( .ico )の画像を用意しなければいけません。
( .jpeg )でも( .png )でも( .gif )でもいけないわけです。
下準備として( .ico )画像を入れた、任意のフォルダを必ず作成しておく必要があるという事は忘れないで下さい。

 ではどこから仕入れればいいのか?ググッてもらうほうが速いかもしれませんが、それではあまりにも不親切なので、とりあえず( .ico )画像を配布しているサイトをいくつか紹介しておきます。

Free Google Plus Icon Set
  http://www.freeiconsweb.com/Free-Downloads.asp?id=1750

Social Networks Pro Icons(ソーシャル系)
  http://www.freeiconsweb.com/Free-Downloads.asp?id=1339

Free Icons Web(物凄い量のアイコンが揃っています・個人的ブックマークです)
  http://www.freeiconsweb.com/

freeiconweb.png

 特にFree Icons Webならば、大体のニーズに合うアイコンが揃っていますし、サイトの右メニューから辿っていくと、Windows Iconsなどには、フォルダアイコンも揃っていますので、自分の好みでアイコンを探しておくと良いでしょう。

 大事な事として、アイコン画像サイズの種類によって、OS環境によっては適用されなかったりすることもありますので、アイコン画像を準備する時に自分の環境に合わせてXP・VISTA・Win7それぞれのアイコン画像サイズは必ず確認して下さい。

icosizebyu.png

 さて、使いたいアイコンを揃えることが出来たならば、とりあえず設定したいのですが、いくつか注意点を

1・デフォルトでは、Cドライブに入っているWINDOW/System32/SHELL32.dllに、絶賛詰め込まれています。
2・dllという形式なので、画像を追加する事が簡単ではない

 このため、アイコン画像を入れたフォルダに任意の名前をつけて、Cドライブフォルダの、WINDOW/System32に入れておく必要があるというわけです。

 筆者の場合ですが、判りやすいように( ico )という名称のフォルダを作成して、そこにアイコン画像をマトメテWINDOW/System32の中に、フォルダを移動させています。
 とりあえず、超初心者の方向けで、手順を説明していきますが、これはアイコン画像を用意しているという前提での説明です。
知っているから〜という方は飛ばして下さい。

for.JPG

 まずはスタートメニューをクリックして、マイコンピューターをクリックします。

for03.JPG

ローカルディスクが表示されますので、Windowsプログラムが入っているCドライブをクリックします。

for4.JPG

OSの種類やメーカーの種類で違いがありますが、基本的な部分として、WindowsPCであれば、このWINDOWフォルダは必ずあります。このWINDOWフォルダをクリックします。

for5.JPG

WINDOWフォルダの中に、system32というフォルダがありますので、こちらをクリック。

for6.JPG

先ほど紹介したサイトなどから、アイコン画像をダウンロードしていたら、system32フォルダの中へicoフォルダを移動させておきましょう。

for7.JPG

icoフォルダの中身は、こんな感じです(筆者の場合)

 さて、WINDOW/System32/icoという形でフォルダを設けました、ここからアイコン画像を使って各フォルダに適用させていきます。

foruder.png

 ご案内は、「かにひらさん作 レアさんモデルにお願いしました。」

1・まずは自分が変更したいフォルダを選択して、マウス右クリックメニューで一番下に表示されるプロバディを選択します。

foruder01.JPG

2・メニューのカスタマイズを選択します。次に下にあるアイコンの変更をクリックして下さい。

foruder02.JPG

3・先に説明していますが、通常はSHELL32.dllの中にアイコン画像が収められています、そのため自分自身で追加した ico フォルダの中からアイコンを選択するために、参照をクリックします。

foruder03.JPG

4・参照をクリックすると、system32フォルダになっているはずです。
※ 違っている場合は、WINDOWフォルダ内のsystem32を選択して下さい。
 system32フォルダに移動させた ico フォルダを選択します。

foruder04.JPG

5・前もって準備したアイコン画像が並んでいるはずですから、そこから使いたい画像を選択します。

foruder05.JPG

6・画像では適当に選択したのですが、フォルダの中身に関連性のあるアイコン画像を選択したほうが、後々使いやすいと思います。

foruder07.JPG

7・画像を選択すると、フォルダアイコン画像が変化していますので、適用をクリックして最後にOKをクリックします。

foruder08.JPG

8・アイコンの画像が変更されていることが確認出来ると思います。

foruder09.JPG

 こんな感じでアイコン画像を変更していきます。
あくまでも、使っている自分自身が判りやすい物を使うと、良いと思いますんで(個人の趣味に合わせて下さい)

 まとめとして:

 長々と書いてしまいましたが、慣れれば割合簡単に行えます。
同じフォルダ画像ばかり見ていても、疲れてしまいますので、今よりもっとわかりやすくしたいと考えているならば、ちょっとフォルダ画像を変えてみると、楽しさも増してくるかもしれません。
posted by アラフォー親父 at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月16日

自分のPCに入れているソフトをメモしてみると、傾向も掴めて役に立つことがあるかも?

 ども、アラフォーです。
 他人のPCの中身って気になる!かどうかは個人差があると思うのですが、
「あんなソフトを使っている」とか、「やっぱり同じ感覚だ」とか
自分自身の忘備録を兼ねて、PCにインストールしているソフトをまとめてみました。
IMG_4465-378x360.jpg
 基本的な考え方としては、出来るだけレジストリを汚さないソフトを使いたがる傾向が、筆者にはあります。
 それにPCの使い方は各自で違うわけですが、使っている人の傾向でインストールされているソフトの種類が違いますので、絶対的に他の方にお勧めするわけではありません。
 とりあえずのパターン的な感覚で見て頂けると良いかもしれないですね。

 まずはプラウザから(削除出来ないIEは別です)
Fire FOXOpera
 (カスタマイズ性など自分の用途に合わせやすいから妥協してこの2つを使用しています。やっぱりFOXのアドオンは良いですよ・うん。Chromeはね他愛のない理由で嫌、ダウンロードの際下に出るアレがね、邪魔なんよ。それにデフォでいくら設定してもGoogleさんに色々送っているソフトでやんす。)

 メールソフト
Thunderbird
 (今はこれがデフォルト使用ですね、ユーザーの方も多いと思います。今更替えるのもメンドイ)

 セキュリティ・ソフト
XPにはAvast、7にはAvira
 (両方ともフリーながら下手なシェアウェアより性能が良い。Avastの下から出るポップアップ広告は、タイム調整すれば1秒で消えてくれるし・・やっているよね?)

 オフィスソフト
XPにはマイクロソフトの2007
7には同じくマイクロの2010
 (マイクロソフトで間に合うが、時たまフリーで使えるLiberaOfficeも使用する時がある。基本そんなに使わないけど。)

テキストエディタ(これは多いと思う)
※ XPでも7でも両方に導入して使用している 正規表現が使える事が何より大事。入力補完があれば大抵の言語には対応出来るでしょうね。色々ユーザーの好みに仕上がる事が、エディタを使う楽しみにもなるのかも?もうメモ帳には死んでも戻れません。

Mery 
 (あつかう物は主にHTML使用が多い、もちろんタブタイプで使用。タグ入力マクロはJavaScriptで作りましたがな、下手なHTMLエディタよりこちらの方が確実に実力が上でござんす。基本的に自分好みの仕上がりにしているわけです。)
Jm Editor 
(普通のテキストメイン、古いがかなり便利なタブ・エディタ。アウトラインは特に便利です。 マクロはD-monkeyで、いまいちわからん部分が個人的な壁となっています。)
Oedit
 (CSSスタイルシートの処理に、慣れないスクリプトを書いたりこちらも便利。入力補完で事足りてしまう、マクロにはSchemeを使用。タブタイプのotbeditをなぜ使わないのか?いや〜アイコンがグレーでね・・違う色なら使いたいのですよ。←ほんと我ながらバカですな。)

 ※ 他にも色々入れているが、今は主にこの3つがメインかな?気分で変わる時も多いけど
サブエディタには、・Tera Pad ・Vx Editor ・Mk Editor ・Mana(MDIになった2.30.8.0を使用中いいのか悪いのか判りませんけど) ・Gpad2.0 ・K2 Editorなどをフォルダ内に入れている状態。皆同じじゃないか!と思うなかれ、微妙に違いがあるから、色々入れているというわけですよ。VimやEmaseは使わないのか?・・使いませんねぇ〜慣れるまでまだまだ時間が必要だと思いますから。今のところ必要性は感じておりません。

エディタ補助ツール
置換ソフト
TExchange
Devas
 (エディタの置換だけでは対応出来ないHTMLファイルなどのリンク変更などは、これらのソフトの力がないと辛いですわな・・使い始めると、HTMLサイトの更新作業が物凄く楽になります・・CMSがあるから、日陰者になりつつあるソフトですけどね。無いと困りますよホント。)

ファイル文字コード変更
KanjiTranslator 1.6
 (時たま使いますが、地味に便利なソフト)

HTMLエディタが見当たらない?・・うん、確かにほとんど使っていません。
一応へてむるクリエイタ〜は入っています、時々引っ張り出す感じですね、割りと気に入っているHTMLエディタです。
HTML5にデフォで対応したら、もっと使い勝手が向上しそうです。ユーザーが作成したタグ挿入が、これまた便利です。
ez-htmlは必要以上の機能が付きすぎていますから、フォルダの肥やしにはなっていますハイ。ファイルを開くとAlt+Fが効かなくなるのはなんじゃらほいと感じます。メニュー位キー操作でいいんじゃないか、マウスオペレーションは疲れますから。
UTF-8の文字コードを、最初から使えるのはとりあえずこの2つ(CrescentEVEは時々文字化けしますから)
HTML Preject2は、PCに入れても動きません(私の環境ではエラー連発)

画象加工系
※ XPでも7でも両方に導入して使用している
GIMP 
 (GIMPはやはり無いと困ります、起動の遅さは多機能でカバー。最新の2.8ではなく、安定している2.6を未だに愛用しています。私の環境ですと、Win7では2.8だとなぜか起動時にERRORが出ます)
PhotoScape 
 (簡単な加工ならば最近はこれです、GIMPでアイコンを作成しておくとさらに便利)
AZ Painter2 
 (基本はペイントだが、画像加工フィルターも中々。絵を描くだけならGimpより使い勝手が良い、ワイヤーフレームもこれで作成したり・・いや独り言です。)
Inkscape
 (入れているだけなので、よく判らないんだな・・これが)

画象キャプチャーソフト
Rapture 2.1.0  (必殺おにぎり!もうこれがないと画面キャプチャーが出来ない、プラウザのキャプチャー機能やアドオンよりこちらだな・・いや個人的に。)
WinShot (Raptureでキャプチャーできないソフトの操作中などに、)

画象その他
カラーコードインバーター
CCConv 1.00
 (他にもあると思うけど、一番使いやすかったのがこれでした)

縮小専用
 (画象ファイルを縮小したい時に使用、しかしあまり機会がない・・)

ClearSkin
 (単純に肌を綺麗に魅せるソフト…なんだけど、GIMPでも出来るしね。上手くぼかしを入れて、明るさを変えて肌の細かい荒れを消してくれるソフトです、簡単に処理したい時向けですね。)

PDF閲覧
PDF-XChange
 (アドビはもちろん、Foxitも使ったが機能的な面を考えるとPDF-XChangeへと落ち着く)

PDF作成
Cube PDF
 (仮想プリンターとして登録しておけば、PDF作成には困らないフリーの国産ソフト)

PDF修正ソフト
かんたんPDF EDIT
 (あまり使うことはないが、WordやExcel原稿のないPDFファイルの、ちょっとした文字修正や余分な文字消しに)

動画
VLC
 (動画を一時停止する時のブッという音は、何とかならんかな?)
Media Player Classic - Homecinema
 (気分で使い分けたりしている、Cドライブに入れなくても使える気軽さが良い)

音楽
AIMP
 (以前はfoobar2000を使っていたけど、アイコンが嫌いなのでAIMP。特にこだわりないけどQuickTimeは使いたくないんだよ)

圧縮解凍
Lhaz
 (以前はLhaplusを使っていたけど、圧縮ファイルを解凍しなくても中身が見えるLhazを現在使用中ですね。)

ランチャー
CLaunch
 (以前はRocketDockを使っていた、かっこいいですよねDockタイプ。でも実用性を考えて今はCLaunch)

お掃除ソフト
CCleaner
 (PC内部のお掃除はお任せ状態です。)

フォント表示改善
gdipp
 (もう、これが入っていないWindowは使いたくない位、フォントが綺麗になる。MacTypeという物もあるみたいだけど、インストール時に中国語という部分が引っかかりまだ試していない)

FTP系
FileZilla
 (FFFTPのセキリュティ問題以降、FileZillaをメインにして使用。特に問題ないしね)

ファイル同期
Dropbox
 (もうこれがないと、多分非常に面倒くさい状態に陥ることは確実でしょう、よく使うファイルの管理に大活躍。しかしEverNoteを辞めたのも、Dropboxを使っているからという理由があっても良いと思う。機能が違うだろ!というツッコミへの回答には、FireFOXのアドオンで部分的な所を解消出来たりするからだったり・・)

ISOファイル焼付け
ImgBurn
 (どれでも良かったけど、性能が良いという事を聞いて。我が家のKnoppixはこれから生まれた…いや生んでないし)

地味に上へのボタン追加
Wee
 (エクスプローラーの操作の際、XPにはあった上へボタンが無くなりましたが、それを追加してくれるVISTAや7ユーザーには地味に助かるソフト。ファイラー入れるのが面倒くさいから、上へボタンを追加してお茶を濁しているのかも?7に入れて使っています。)

 あとは・・特にPCにデフォで入っているソフトやアクセサリーとかですね、もう電卓(calc)以外は全くもって使用していないという、めんどくさがり屋です。「つぅ〜か、いるか?」
削除したほうがいいのですが、削除して後からPCの動作に支障をきたすのも、何となく嫌なもので特に7の方はそのまま放置している状態です。
レジストリエディタを使って、少しは手を入れていますが、XPに比べたらそれほど何やかんやは行なっていません。
未だにXPの方をメインで使っているようなところもあるものですから、外部からインストールしたソフト中心で使っているようなわけです。

 Dropboxがあるから、EverNoteを使わなくなった部分が、気になる方は気になるでしょう。
いや〜これがね、FireFOXを使っているせいか、そんなにEverNoteに記録を残さなかった為、削除してしまったといった方が、正しいのかもしれません。
いずれは使う機会が再びあるかもしれないのですが、なんでもクラウドでほんとに良いのか?と一瞬考えてしまった事が、踏ん切りを妨げているのかもしれないと、考えを新たにしているわけです。
(最近EverNoteのバージョンアップしましたしね)

 時には自分が使っているソフトを挙げてみるのもいいのかもしれないですね、。
反省材料の基準になるかもしれませんし、今後の使い方の基準も見えてくるのかもしれないわけです。
これからは音楽や動画作成関係の分野にも進出していくほうがいいのかな?とか、
もっとこれを充実させる方がいいのではないか?的な方向性が見つかるキッカケになるのかもしれません。
ブログを使えば自分の忘備録になります、ひとつお試しあれ。
posted by アラフォー親父 at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月13日

PCのキーボード清掃(ノートPC編)

 ノートPC編のキーボードを掃除でもしようか?と考えていたのですが、ちょっと時間が出来た時にやってみたら、以外とサクサク行えたので簡単な記録として残しておこうかな?と考えました。 key 018.jpg  準備するものですが、筆者の場合は
  1. ちょっと太めのピンセット
  2. 台所によくある、薄いビニール袋
  3. キー洗浄用の、レンジ周りのマジックリン
  4. 水気を取り除く、適当なタオル
  5. ボード清掃用の除光液と綿棒、アルコールウエットティッシュがあれば更に便利
こんな程度の物があれば、サクサク作業が行えます。  やり方ですが、まず、キーを取り外す時には、ちょっと太めのピンセットを使います、これが以外と便利でして、キーは外せるし、キーを支えている小さなパーツも取り外したりつまんだり、割りと使い勝手の良いルールだと思います。 key 003.jpg  ポコポコとピンセットを使ってキーを起こすように外していきます。 どうしても、ドライバーのような物ですと、軽く行なっているつもりでも、相当な”負荷”がかかりますので、キーを支えるアームに影響が出るのではないか?と感じているわけです。  とここで、キーを外した時に、何に入れようかな?と考えたのですが、後々のキー洗浄の事も考えて、台所などで使うビニール袋にまとめて放り込んでしまいます。割りと手間も掛からず便利ですね。  大方キーを取り外すのですが、この時にノートのキーの支えに注目しています。

key 012.jpg 方向がですね、A〜Zなどのキーと、周囲の大きめのキーなどとは、若干違うことが判るでしょうか?

力の入れる方向ですね、主に同じ大きさのキーを取り外す時には、下のキーを支えるアームの方向も同じなのですが、大きさが違うキーですと、機種によって違うのだと思いますが、違いますよね。  これは、全てのキーを同じ方向から取り外してしまうと、下にあるキーの支えが時々変になる恐れもあると思いますので、「ん?なんとなく外れにくい」と感じたら、方向を変えて外すほうがいいかもしれませんね。

 外したキーですが、まとめてビニール袋に入れたのはわけがあります。 レンジ周りを綺麗にするマジックリンのような、“油落とし用の洗剤”を少々入れて(そんなに量は必要ありません)キーの全てに馴染むように袋に入れてから「モミモミ」してしまいます。

 この時、力任せにしてしまいますと、ビニール袋が破けたりしますので、軽く優しくモミモミするわけです。  全体に馴染んだかな?と思ったら、水を入れて希釈してから、再びモミモミして放置しておきます。 key 002.jpg  キーの洗浄を、袋に入れて放置している間に、キーの支えになっている部分の清掃を行います。 よくエアーで飛ばすという方もいますが、かなり放置していて埃などもかなり気になる場合、色々なモノが入っていたりしていますので、強いエアーでは飛ばないモノもあるわけですね。  そんな時には、最初に使ったピンセットで、キーの反発力の元になるゴム周りなどにまとわり付いた糸くずなどをつまみ上げて、取り外したりしてしまいます。 key 014.jpg  ある程度の埃などが除去できたら、今度は綿棒にマニュキュアなどを落す除光液を湿らせてこのPCの場合は白い板の部分ですが、汚れている部分を軽くこすって汚れを取り除きます。 やはり下には、電気関係のパーツがあるわけですから、揮発性の高いアルコール系のウエットティッシュとか、除光液などでないと、危険だと思いますよ。  そしてススギですが、キーについている洗浄液を、洗い流す時が一番キーの紛失へと繋がる気がします。何と言っても「軽いパーツ」ですから、ザルを使える人は使ったほうがいいですよ。

 またススギで使った水の、表面張力などでキーがくっつきますので、必ず剥がして一つ一つになるようにして、タオルの上に並べておきます。 この時、タオルの半分のエリアを使いますと、残ったキーを置いていないタオルの部分を上に重ねれば、たいていの水気はタオルが吸い取ってくれます。

 そして、しばし天日干し…今回は天気が良かったので、5分程度でした。 key 006.jpg

 キーの紛失だけは避けようと思いましたので、帽子にキーを放り込んで持ち運びました。 ザルを使っている人ならば、タオルにくるんでザルに入れれば無くさないと思います。まあこれは人それぞれで工夫して下さい。

 あとはペコ!とはめ込んでいきます。時々はめ込んだキーが持ち上がらなかったりしてしまうのですが、そんな時には、ピンセットの先を使って少しキーを起こしてあげると、スカスカと動いてくれます。ピンセットは便利ですよ、ほんと。 key 015.jpg  そんなこんなで、完成です。 キーについている皮脂などの洗浄も終わりスッキリするのですが、やはりボードの方ですよね、環境によって違いがあると思うのですが、時たまとんでもなく汚れている場合がありますので、そちらがスッキリするほうが、キーボードには良いのではないか?とは感じています。  ノートPCにとってキーボードの使いやすさは、かなり重要な部分ですから、自分好みのキーボードを採用しているメーカーを見つけると、中々それ以外のメーカーは使いにくくなってしまいますね。  ディスクトップ機のように、“交換してしまえばいいじゃん”とはいかないのがノートの宿命です。キーの紛失だけは注意して下さいね。
posted by アラフォー親父 at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月13日

avastのアンインストール

セキュリティ・ソフトとして優秀なavastなのですが、

行きはよいよい帰りは・・と同じで、インストールは簡単に行えますが

アンインストールとなると、なんだかんだと手が掛る仕組みになっています。


 理由は、PCのコントロールパネルからアクセスして、

全てのプログラム削除から、通常はアン・インストールするのが通例ですが

avastはそれでは、アンインストールする事が出来ないからです。


avastを使っている人は、よほどの事がない限り、あまりアンインストールを

行わないのですが、使っているPCが2つあるので、一つくらいは違うセキュリティを入れて

試してみようと思いついたのがキッカケだったのです。


 avastの代変えソフトとして選択したのが、傘のマークで有名なアンブレラ

ドイツ製のセキュリティソフトで、フリーでもその検出率はかなりの実力があります。


それではめでたくアンインストールするために、

まずはavastのアンインストール用ユーティリティをインストールする必要があります。

http://www.avast.co.jp/uninstall-utility


手順としては、このページの通りに進めていいわけですが、念のため・・引用しておきます

アンインストール用ユーティリティ
 

  1. aswclear.exe をデ スクトップあたりにダウンロードします。

  2. セーフモードで Windows を起動します。(通常起動でも何とか大丈夫でした)

  3. アンインストールユーティリティを実行します。

  4. avast! をデフォルトの場所以外にインストールした場合は、その場所を指定します

    CプログラムのC:\Program Files\AVAST Softwareに入っています

  5. REMOVE をクリックします。

  6. コンピュータを再起動します


 

 この流れで、アンインストールを行う事が出来るわけです。

ちなみにアンブレラの方は、通常のインストールで大丈夫でしたが、
セキュリティの関係も考えて、次に使うセキュリティをインストールしてから

avastのアンインストールは行って下さい。


Microsoft Security Essentialsは考えなかったのか?って・・・

以前検出率を検証している動画で見たのですが、

ちょっと使う気にならない状態でした。http://youtu.be/7FCQh0x4a9w


参考動画


http://youtu.be/0eVBx49b-To

タグ:avast
posted by アラフォー親父 at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月19日

日本の夏・・お化けより怖いブルースクリーン

 OSの再インストールで、少しやる気の失せているアラフォーですけど

ブルースクリーンが頻発するようになってしまい、先日OSが死亡・・・_| ̄|○


仕方なく、リカバリーでOSを再インストールし、必要なソフトなどを入れ直し

エディタの調整などをしているうちに日が暮れて・・・・

cbb21146.jpg

 もしもDrop BOXを使っていなかったら最悪の結果になっていたことでしょう

(いくらか、必要なファイル群を保存していましたので助かりましたが・・)


 まあ落ち込んでばかりもいられないので、逆にこれはいい機会ではないかと

今まで使っていたソフトから、一部を変更してみました。


ジャンル\ソフト今まで使っていたソフト新しく入れたソフト
音楽Foober2000 AIMP2
動画GOMプレイヤー Media Player Classic 
OfficeOpen-OfficeLibra Office
プラウザGoogle Chrome Opera

 一方、以前と変わらなかったソフトは・・


  • メーラー・・

  • 圧縮・解凍

  • エディタ類

  • ランチャー


 そんなとこです。( ゚Д゚)y─┛~~

変えて正解だったのは、音楽プレイヤーのAIMP2でして、

結構有名なソフトなので改めて説明することはないと思いますが、使い勝手がいいので助かりますね。


マイクロさんとこのOffice2007なども使っていますが・・何気にPCが違ったからといっても

ライセンスの問題で、PCの台数分まで揃えたら大変な出費です。


そこで今まではOpen Officeを使用していたわけですが、後継機種でマイクロソフトと互換性の高い

Libra Officeを入れてみました・・・・まだよく分かりません。

基本的な部分は、ほぼ同じですし、若干Writter系の初期画面とかが違ってはいるのですが

同じソフトといった感じで使うことができますんでね・・・ああそうそう、

いつもながらPDF変換機能は、標準で装備されていますから、急いでPDFなどを作りたい時には

マイクロ系よりも、Open系のOfficeソフトの方が重宝してくれます。


 プラウザをGoogle Chromeメインから、Operaへ変更した理由ですが・・

Opera.png

ずばり“速度と安定性”以外に他ならないわけです。

【セキュリティも少しありますけどね】


 Google Chromeをセッティングしないで使用すると、使用履歴から検索履歴などなどが

すべてGoogleの元へと送られます。


最近の情報漏えい事件などがひっかかり、しばらくGoogle Chromeについては様子を見る・・

開発に関してはFire FOXを使えばいいし・・といった感じで、標準で使うプラウザは

超高速Operaでサクサクと行う方がベターかな?といった感じです。

※ ただし・・ブログ投稿では、何かと不便な部分もあります。

【これは筆者の回線環境が悪い事も考慮しています・・光すら回線が届いていないとね。】


 しかし、なくなってしまったアイコン画像とか、バナー画像を最初から作り直すのは

相当憂鬱ですね・・簡単ですけど、枚数が多かったものですから。

posted by アラフォー親父 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月18日

夏場はPCには危険な環境

 先日PCがブルースクリーンで固まり、うんともすんとも言わなくなってしまいましたので

仕方なくOSを再インストールする羽目になってしまいました・・(T_T)


 この時期にOSの再インストール・・しかも、色々行っていてバックUPを取る前・・・

といった状態で、今まで行っていたデーターのすべてが消失orz・・

aaa.png

仕方がない、ここは腹を決めて再インスコするしかないと決意して

手元にあったXPのディスクでOSを使える状態にして、

半泣き状態で使っていたソフトを再度インストールし直して、

なんだかんだと時間が過ぎたころには、半日近い時間が経過してしまいました。


バックアップディスクを作成する前だったので、仕方ないといえば仕方ないのですが

色々なサイト用に作成していた、アイコンやらバナーなどの画像ファイル・・

これをもう一度作成し直すのは骨が折れそうです。

f917ee06.jpg

エディタ類は、なんとかデータだけはDropBOXに保存していましたのですが・・

設定がやや以前の状態でしたし、痛いのは単語登録に辞書ツールの消失です。


 これを取り戻すには、それ相応の時間が必要ですから、あきらめ半分作業しているといった状態です。

夏場はHDDの故障が多くなる時期ですから、それ相応の準備は必要ですね

(間に合わないと悲劇ですよ・・ほんと。)

タグ:orz
posted by アラフォー親父 at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年06月27日

PC設定を変更

 遂にというか、現在メインで使っているXPの設定を

パフォーマンス優先の設定にしてしまいました。


タスクバーは立体的な部分から、塗り壁のようなのっぺりした顔になりましたし

フォルダーを開いても、左に出ていたヒントエリアが無くなりましたので

画像の確認はいいのですが、自分が作成したhtmlファイルなどは、

ファイルを開く前に、大体の感じが掴めない状態ですが(エディタで確認しろよ!ですね)


 このパフォーマンス優先設定ですが、非常に簡単に行えますし、

気に入らない場合などは、スグに元に戻せますしね・・・Win7は必要ないか?

 
※ Tera Padを開いて比較してみました。(OSは昔のVISTA時代もものです)
te.JPG

 
 そしてこちらはパフォーマンス重視の設定でOSはXPです。(まるでWin2000)
 
ter.jpg
 

 元々は13インチのノートPCが、メモリーが512MBしかはいっておらず

動作がモタモタしていたものですから、一度パフォーマンス優先設定にしたところ

若干ですが速度などが向上してくれたので、

スペックの低いPCでは、基本設定をパフォーマンスにしておこう!

という、自分なりの格言になったわけです。


 まさかその状態を、2GBメモリーを搭載しているXPでも行うとは

自分でも考えていなかったのですが・・最近動作が不安定でしたので、

思わずやってしまいました・・・=ε=ε=┏( >_<)┛


 案の定というか、すっかり動作も速くなり・・ソフトの端もノッペリしてしまい

どうやらWin2000のインターフェイスに近くなってきたようです。


 PC内にインストールしているソフトは、スッピンになっただけ

とも言えるわけですから、如何に今までの化粧が濃かったのか?

【例えは酷いのですが、そんなもんです。】


 プラウザを見るとそんな変化はありませんので、なんだかんだとソフトを一杯立ち上げて

作業する人には、この設定は“あり”ではないかと感じたわけです。


 こんな感じで設定したところ、今までマクロやらプラグインやら、

その他のツールをゴチャマンと搭載してしまった、筆者がメインエディタとして頼りにしている

Meryの動作が安定してしまった・・という嬉しい副産物がありました。


 Zen-Codingを突っ込んだり、テンプレートプラグインのファイル容量も増えてきたあたりから

どうも固まる事が増えてしまい「どうしたもんでしょう・・」と考えていたところでしたので、

これには大いに助かりますね。


 時たまPC入れているソフトの動作が安定してくれない場合は、

このパフォーマンス設定にしてみる事も必要かもしれません。

posted by アラフォー親父 at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年04月18日

IE10は、VISTAにも対応しないとは・・

という事なので、早速その情報元を調べてみました。Japan.internet.comより

もう、何をかいわんや状態ですが、逆にGoogle ChromeやFire FOX4なんかは

どう判断しているのか?と聞きたくなってきます。

 
3168c9a0-0daf-4025-a27e-35995ee1a357_s.jpg
 

 筆者の持っているVistaでもインストール出来ないIE10ですが

だからといって、無理してまでWindows7を買いたいか?というと

全くその気が起きないのが現状ですね・・ほんと、何だかんだと嫌らしい作戦です。


 個人的な考えなのですが、ドンドンPCのキャパは肥大化していますよね

すると低スペックPCでは、XPのサポート期間が無くなった時点で

OSサポートが無くなるのですから、一体どうしようか?

という問題にぶち当たるわけです。


 実際のところ、現在マイクロ君がサポートしているOSの期間は

以下の通りです。



Windows XP3

延長サポート終了日 2014年4月8日

Windows VISTA Business

延長サポート終了日 2017年4月11日

Windows Home Basic、Home Premium、Ultimate

Ultimateは「延長サポート付き」で2017年4月まで、Homeは2012年4月10日まで


 個人的な考えですがOSシェアとプラウザのシェアは密接にリンクする!

という考え方をもっている人間ですから、IE10がXPやVISTAに対応していない

という事実は、さらなるIE離れを加速させていくでしょう。


 マイクロソフトの方針に、ユーザーは従わざるを得ないのか?と

つい考えてしまうのですが、筆者の場合はこのマイクロソフトの方針が納得できない人間の一人なのです。


筆者の場合は、現在使っているXP Proのサービスが切れたら、

恐らくウィンドゥPCではなく、Linux系のディストリビューションを使うでしょう。


要はプラウザで情報を入手出来て、使用目的に沿っていればいいわけですから

WindowsPCでなければ絶対にダメ!という事にはなってこないと思うわけです


IEが好きで好きでたまらない!という人はWindowsでいいのでしょうが

他のプラウザの利便性や、使いやすさを体験すると、正直IEには戻れないので

筆者はFireFOXやGoogle Chromeが使えればいいや!

というユーザーに分類されますから、特にWindowsでなくてもいいわけです。

 
simi.png
 

 じゃあ〜Office製品はどうするのか?という疑問ですが

MacのPCであったとしてもMac Officeが出ていますし、

Linux系のウブントゥでは、Open Officeが使えますので、ほぼ問題ありません。

【拡張子をマイクロソフトと互換性がある拡張子にすれば、マイクロ製品でもファイルが確認できますし、Open Offce自体無料で使う事が出来るので、コスト的にも問題ないわけです。】


ビジネス用の会計ソフトが、Windowsでないと不便という事で

会社関係のOSが決まっているという状況ですが・・・

これがLinuxやMacでも使えるとなったら、Windowsのシェアは確実に崩壊するはずです。


タグ:IE10
posted by アラフォー親父 at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月24日

やっぱりMac欲しい理由

 筆者の使っているPCは、SONY VISTAが壊れたので、現在富士通のXPになりますが

最近のウィンドゥPCのOSチェンジに、付いて行く気が一切ない状態です。


で・・筆者がブックマークしている、Webデザイナーの方のブログがありまして

その方がいつも使っているのが、Mac Note Proだという事なのですが。


 一番ビックリしたのが、ここ一年あまりマウスを使っていない!

いう記事だったわけです。


 めんどくさいですよね、マウスでの操作というものは・・

 初心者の頃は、マウスが無ければ、PCすらまともに操作できなかったのですが

段々PCの操作に慣れてきたら・・・

かえってマウスの操作が、足でまといになってしまう事が多いわけです。


 筆者の場合などは、下手くそなりにキーボード中心で、

なんだかんだと行っていますが、時たま、ディスク・トップ画面を泳ぐ

カーソルアイコンが、念力で動いてくれれば・・・いや、目線の移動が現実てきですけど

と、秘かに考えてしまうことも多いわけです。

(特に、肩こりの時なんか、マウスすら触りたくありませんからね)

 

 

 で・・You Tube で見たApple マルチタッチトラックパッド MacBook Pro動画が、

かなりショックだったわけですよ・・

いや、本当に参ったと言わざるをえないわけです。


 個人的には、「なんぞ!これは?」という感じで、

不器用な、我が嫁に見せたところ・・・

「うわ〜簡単そうで、いいね。」


という、ごもっともな意見が出ました。

 現在筆者も、タスクバーの位置を、Macと同じ画面上に配置していて、

いつでも移行できるように(今は、金欠ですからね)気分だけMacという状態です。


単純な比較といってはなんですが、やはり画面の解像度が全く違うのか

フォントの綺麗さは、全然Windowsは勝てません・・・........ ( ;・・)_ スゴスゴ


 買えるでしょう?というあなた!、今度三女が小学校へ入学するので

無駄使いが出来ないわけですよ、ほんとリアルな話ではね。


 そのうち、好い事が起きて、自分へのご褒美としてMsc(ビックマックじゃないぞ)

を購入できたら、いいわいな!とは考えています。

Office製品も、問題なく使えますからねMacは、何ら障害はないわけですよ。

タグ:Mac
posted by アラフォー親父 at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月10日

今でも頑張るXP

 頑張るXPという事で、PCニュースをチェックしたところ

まだまだXPのシェア率が55%と、Windowsの中では7の伸び率が

多少なりとも伸びてはいますが、

 
syea.jpg
 

サポート切れになるまでは

XPの牙城を崩す事にはならないと、筆者は個人的に考えています。


 ユーザー全体の傾向として、Windows離れが進んでいるなぁ〜

と感じるわけです。

 
syeaa.jpg
 

 iPhoneやiPod touchなどの、次世代携帯機の伸びが著しいわけですし

やはりというか、MacOSがジワジワとシェア率を伸ばしてきています。


 実のところ、Googleのサービスだけではなく、

ファイル保存をしてくれる、クラウドサービスの充実もあるので

いつまでもWindowsばかりに頼らなくても平気になってきているのですね。


 外にいてもiPhoneやiPod touchで、

都市部では大抵の事が出来てしまう環境になってきています、

複雑なデータやファイルを扱う時には、ネットカフェのPCから

クラウドサービスを利用する・・

というユーザーが目立ってきているわけですね。

(それだけ、ネット環境やプラウザに対する理解が必要ですが)


 Windowsの有利な面といえば、会社で使う会計ソフトなど、

Mac用やLinuxに、適格なソフトが無いという事ぐらいで、

これらのソフトが充実したら・・恐らくWindowsの立場が危うくなるでしょう。

 
syeahyou.jpg
 

 XPのサポート期間が終了した時に、はたしてWindows7のシェアが

現在のXPのシェア率を越しているかどうかは、筆者には疑問が生まれています。


 つい先日、Windows7用のPC(32bit)のOSを、

XPに入れなおした友人が言っていましたが、


 「XPで十分なんだよね、というかWIN2000でもOKなんだけど

サポートが切れたから、仕方なく切り替えているだけで、好きで切り替えるなら

Macを選択してしまうよね。


 といった事を言っていましたが、共感を覚える方も多いのでは?

と筆者は感じているわけです。


 Windowsの牙城は、そのうち崩れてしまうと感じているのですが

XPのサポート期間の延長を、果たしてマイクロさんが決めるかどうかは

あっしには、関わりのねえこってござんす。

【企業として生き残るには、サポート延長しかないと思うけどね・・

ライセンス料をユーザーは払っているわけだし。

今でも、企業はXPという処が多いわけですから。】
タグ:XP
posted by アラフォー親父 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。