2011年01月31日

SEOでは、何もするな!の本当。

 寒い日々が続いておりますが、皆さんどうでしょうか?

筆者の周りでは、噴火の被害やらなんらやで、ドタバタした状態ですが

(そ〜です、宮崎県在住ですから)

北日本や、積雪の多い日本海側の方々なども

「今年の冬はたまったもんじゃない」という方も多いと思います。


 もう・・・ね。

寒すぎて、タイピングの指が中々動いてくれないのが、筆者の悩みと云えば

悩みになるわけですが・・・

部屋が寒いわけですよ・・・仕方なしですが。


 で・・更新も滞る理由といったわけですが、

(完全な言い訳ですけど・・いいじゃん)

mitani_nana_o.jpg.png

 寒い中少し考えてみたのがSEOについて!!といった部分にるわけです。

 基本的に、SEOでアクセスを求める事は、

対検索エンジン対策!というわけなのですが・・

要は、検索エンジンの好むサイトを作成して、外部からのリンクを増やす

といった内容につきるわけです。

単純でしょう?


 えっ・・単純ではない?

 では、理由を説明しておかないといけないので、少し御付き合い下さいな・・

 

 昨年末にGoogleがまとめたレポートをみたのですが

その中で、検索エンジンの上位表示になっているサイトの傾向という部分がありまして

要約すると、以下の感じなのです



  • 検索エンジン上位のサイトからは、外部にリンクが少ない

  • 上の理由から、相互リンクは割と少ない

  • ブログだからといって、上位を確保しているとは限らない


ブログの上位神話が崩れかけてきている傾向が、

恐らく一番の気がかりな部分カモしれませんけど、これからもこの傾向がつづくかも?


 といった感じでしょうか。

検索エンジン上位を狙うために、あれやこれやと手を尽くして・・・・

が一番気になるのでしょうが、筆者がこれまでに感じた部分では


スパムになる行為を知って、その行為を誤って行わないようにする!

という事で、最初は十分です。


悪い例えですが、包丁の間違った使い方を最初に知っておくと

間違った使い方で、けがをする事がなくなる事と同じ!

と、似たようなニュアンスになります。


 このブログで細かく書いてもいいのですが、

単純にブラックハットとは?で、ググッて見て下さい。

 
 ※ ググるとは?
  ・・・Google検索を使って調べる事を言う。
    ジュニア達は知っている、知らないのは大人だけ。
 

 それはそれは、大量のスパム行為が理解できると思います。

(寒くて指が動かないので、自分で調べてね!あしからず)

 
寒い時には、ナナちゃんでも聞いて温まるか・・・・
えっ・・知らんですか?
 ググれ!って・・・・個人的には、好きな歌い手さんですけどね。
 
(写真・・貴重な、実谷なな ちゃんの顔写真    めったに顔を見られないからね)
 
040010253542-1p.jpg

タグ:SEO
posted by アラフォー親父 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月05日

自サイトの被リンクを調べてみたのです。

 かなりびっくりしました!自サイトの被リンク数なのですが・・・
Yahooさんからのブックマークが、あんな数になっているとは思いもよらず

 
ダウンロード.jpg


(多分Yahooツールバーでのブックマークだと・・)
サーチエンジン(検索エンジン)の比較では、Googleさんが6割強Yahooさんが4割弱
といった感じなのです。
しかし、Yahooさんからの被リンクが・・・そんなに見ていたの?といった感じですね。
(ありがたいやら、プレッシャーやら・・)

 そんでもってですね、このサイトには殆んどコメントとか寄せられていません。
(ていうか、エロ広告以外は殆んど来ない)
コメント自体がありませんので、「そんな暇がある人は、このブログは見ていないさ・・」
と、のんびり構えていたわけです。

 不覚でしたわ・・・以外と見る人が多かったというわけです。
逆に考えると、それだけなんやかんや困っている人も多いという事なのでしょう。

 HTMLか?CSSなのか?エディタなのか?さっぱり見当が付きません
何か特集とかやった方がいいんでしょうか?
(PDFでこんな記事が欲しいとか・・あります?)

タグ:被リンク
posted by アラフォー親父 at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月31日

ややこしいが大切なSEO

 SEOということで、なんだか雲の中に迷い込んだ感じすらありますが、

いつも通りサクサクと進めてまいります。


 ちょっと気になってしまった記事というものがありまして、ついでにシェアしておこうと考えたのですが・・

ヤフーが被リンクのアンカーテキスト評価を下げた!10種類ほどのビッグキーワードで、上位10位のサイトのバックリンクを調べたところ、アンカーテキストにキーワードを含んでいたのは、30%ほど。

 とまあ、関係の無い人にとってみたら、「なんじゃらほぃ?」となる記事なんですが、要は検索エンジンを使用して、何かをキーワード入力するわけなのですが、今までYahooに関して言えば、Yahooカテゴリーに登録されているような、Yahoo推薦サイトがリンクしているサイトを、優先的に検索上位に持ってくるようになっていたわけです。
(現在も、その傾向は強いわけです)


 そこで、その関連サイトを調べてみると、ほぼ共通するキーワードが占められていたのですが・・どうも、評価基準が若干変わってきている部分が、

アンカーテキスト(要はリンクですたい)に含まれているキーワードが30%だった
という、今までは考えられない数字だったというわけなんですね。

それがどうした!と言われると、サイトを見る側が検索を行った時には、同じようなサイトばっかし出てくる事が、少なくなってくるわけです。

(キーワードの含みが違うわけですからね)


 ユーザーに優しく、サイト制作者の小技には微動だにしない検索エンジンを、
大手Yahooは目指しているというわけですね。

タグ:SEO
posted by アラフォー親父 at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月14日

悩ましいかな・・SEO

 おいおい・・動的アドレスはそのまま?

こんな気になる情報が、海外のSE対策関係の記事にでていたのですよ・・・

Google Webmster Centralブログで発表された内容なのですが

動的URL を静的URLに書き換えるべきではなく、動的 URLは動的URLそのままにしておく方が好ましいという内容・・・
簡単に言うと、「技術の進歩により、動的URLの処理性能が向上し、パラメータが何を意味するのかも理解できるようになった」ということなのですが・・・これがけっこう大問題だったりするわけです。


 ブログ初心者の方などは、何の話だかさっぱりでしょうが、

CMSを使って(例えばJoomlaやModx)動的アドレスを静的アドレスへ変換している場合
おいおい・・どうすりゃ〜いいの?と考えてしまいます。


 天下のGoogleさんが言うには、

ひとつの方法として301 リダイレクトで、新しいURLに

転送するといいですよ〜と言っています。


 しかしこれは、Googleさんの場合になり、Yahooさんへの対応は、ちょっと違ってきます。

 えっ・・なんで?って、

Yahooさんの検索エンジンは、基本的に静的アドレスが主体になっているので・・・・す。

とりあえずYahoo!検索 サイトエクスプローラーで、

動的アドレス設定しておくしか方法はなさそうですね・・・・

 しかし、海外なら迷うことなくGoogleさんの方法に従った方がいいのですが、

日本では・・・Yahooさんのシェア率は巨大ですから

Googleを捨てるか、Yahoo!が追いつくのを待つか・・・

SEO的に悩みの種が、また増えた〜という感じです。


posted by アラフォー親父 at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月26日

秘密のSEO対策(秘密でもないけど)

 あるところから、というか(株)ブルームの高嶋さんの話からなのですが

なんだかんだといって、やはりバックリンクが強力にあると

SEO的に有利になるという事実があります。

 特にYahooカテゴリーサイトから、バックリンクされたサイトは、

検索エンジン対策に有利に働きます。


 あと、有効な対策として一部の人間には知られているのですが・・・

オールド・ドメインでのサイト構築というものもあります。


 オールド・ドメインというのは、名前の通りでして、

ドメイン・エイジ(ドメインが使われ始めた年)が古ければ古いほど、

そのサイトの運営が、きちんと行われているのでは?

という観点から、オールド・ドメインを使うという、SEO対策がとられたりします。


 これは、緊急を要する場合や、どうしても!という方(特にビジネス)には、必要かも?

と個人的には考えています。


 一般の人が、サイト構築を行う上で、ここまで必要かどうかは、

サイト管理人のこだわり次第ではないかと考えるからです。

特に、商用サイト以外であれば、以外に検索エンジンが拾ってくれますので、

自分でレンタルサーバーを借りて・・・云々

という人以外は、とりあえず参考に

 という感じで思ってもらって構いません。

posted by アラフォー親父 at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月10日

Googleサイト分析

直帰率ってなんだ?

 いきなりですが(いきなりはこのサイトですけど)直帰率という言葉は耳にしていますか?

 このサイトは無料ブログなので、物販サイトなどとは全く違うのですけど、サイト運営をしていると
どうしてもSEO対策の面などから考えて、この直帰率の問題を抜きにして考える事は出来ません。

 単純に言って、ユーザーがサイトを訪問してから、「これは自分が探していた情報では無い」
と感じてサイトから離脱する事を直帰率と呼んでいます。
 Googleアクセス解析などを設置していると良く判るのですが、本当にユーザーのサイト訪問から離脱までの時間が物凄く早い事が判ります。(平均3秒以内)

 筆者が運営している違うサイトの事ですが、もうそりゃ〜他のページには見向きもせず、
一つのページにアクセスは集中していますし、サイト滞在時間もページの内容でまるで違います。
あるサイトなどではHTMLやCSSについての事など、どうでもいい感じでして、常にエディタ・ソフトに関係する記事ばかり読まれてします。
つまりニーズが集中しているページは、それだけユーザーのニーズが多いという事になるわけですね。
滞在時間の平均が、ここでは一挙に増えて平均8分・・・(オイオイ・・)

 それだけ興味のあるページと、そうでないページの差が大きいのですが(当たり前かな)
 必要な情報が判ると、違うページへは行かず、そのままサイトから離れてしまう割合が多く感じています。

 ちょっと試験的な意味合いがあるサイトなので、こういった現象が起こるのですが、現在の直帰率は大体45〜55pパーセントの間を推移しているような感じです。
まだまだ改善の余地ありといったところなんでしょうが、趣味のサイトなので仕方がないかも?とは考えています。

 ところが物販サイトで、この直帰率が高いと、もうどうする事も出来ません。
 つまり売れないわけですよね・・・ああ、商売あがったりですわ。

 そんな訳で、ユーザーの傾向を正しく見定める術を知っていませんと、
物販サイトの制作なんざぁ〜出来ません。

 巷ではユーザービリティやら、W3C基準をクリアとか色々あるとは思いますが、原点を忘れてサイトを制作する業者のいかに多い事か!・・・・どっかの商店のおじさんが言っていましたが
「高い金出して作ってもらったのだから、絶対売れなきゃ困るのに・・全然駄目なんだよ」とまあ、こんな感じでボヤク社長が多いんですね。(そりゃ〜当たり前だのクラッカーですかな)

 特に大きいところに頼むと、そんな傾向が多かったりするようで・・・以外と
「サイト作り?ああ、出来るよ」的な感じで作る個人の方が、いいサイトを作っていたりします。

パソコン業界なんかで、CMSの設置に金を取る業者がいますが、筆者個人の感覚では
「CMS設置だけでそんなにするの?しかもテンプレ無しで・・・そりゃ〜ボリだわ」
となってしまいます。

 まあ都市部に、サイト制作業者が集中しているせいもあるかもしれませんが
自分で出来るもん!でいいはずなんですけどね。

posted by アラフォー親父 at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月01日

試しに検索してみたら・・  驚いてしまいました

え〜突然ですが、このブログタイトルをGoogle検索してみたところ、トップページ1位で表示されてしまいました。

(10・31の夕方です)
内心驚きを隠せませんが、事実という事になります。
 なぜ驚いてしまったのか・・・・



no1.jpg


  1.  
      
     まず第一に、無料ブログサービスを使用しているという事。
     特に決まったSEO対策などしていないという事。
     外部リンクなどを、他のサイトにお願いしていない事
     ブログランキングにも参加していない事
     検索をブログに限定せず検索している事
     
     個人的に行っている事といったら、Ping通信の設定だけでごわす。

 つまり、ありきたりのPing通信だけで、このブログは運営されているにも関わらず、上位で表示されてしまった・・・・
(ping通信も、seesar提供のping通信先だけではないので、ノーマルではないのですが)

と、いう事が驚きの事実なんですね(喜んではいませんよ・・さっぱり判らなくなってきた事が困るのです

 Googleには検索してもらえるのですが、やはりというかYahooさんには鼻にもかけてもらえていません。

まあGoogleさんの検索エンジンの癖で、グーグルハネムーンというのがあるのですが、これは最初にサイトをアップした時にもらえるご褒美みたいな感じで、サイト登録後2週間ほどしたら、元々ランクされるであろう順位のところに落ち着くのが定説なんですけど・・・

 しかしこのブログは、そんな最近に開設したのと違いますからね・・・何が原因で上位表示になったのかが、全く理解できないから驚いた事と、困ったが脳味噌のなかでごちゃ混ぜになってしまいました・・・
 
 同じタイトルでYahoo検索をしますと、テレビ・タイトルの「黄金伝説」が出てきますし、PDFファイルを作るソフトなどが上位を占めています(いかにもYahoo的ですなぁ〜金がないやつはお呼びじゃないのかぃ)

 検索システムの違いにホームページ制作会社は振り回されて、SEO対策をしているのでしょうが
 
 ここではっきり言います、SEO対策で小手先のテクニックを使いブラック・サイトとなるのか?
検索エンジンの周期的傾向に左右されないように、きちんとしたテキストを記載して、ホワイト・サイトになるのか?

  •  どちらがいいかは個人の判断ですが、ほとんど何もしていないのに、1位表示では・・・ホワイト・サイトを目指してサイト制作・Web制作を行っていく方が断然よい!という証明だと感じたのは事実。
     
     今までの定説といってはなんですが、サイト制作を行ったあとに色々なリンクでサイトの評価を行っているという事もあり
    サイト内のページ数の事を『内部要因』違うサイトからのリンクを『外部要因』という形で分けていました。
     俗に言われる・リンク対策・というやつです。
    ちなみに

             外部要因   内部要因
    Yahoo     3     7
    Google     8     2

 と、いった形でリンク要因を重視する傾向があったわけです。

つまりYahooではバックリンクの質(ヤフカテ登録サイトからのリンクなど)を重視する傾向があり、Googleではリンク数と質・リンクの分散度から判断さえれる傾向があると考えられていたわけです。
(基本はあまり変わらないと思いますが・・)

 筆者のブログは以上の事にはまるで当てはまりません、ふむ・・・・・判りませんぜ、ホントに困った事です。
 
 もしかした、このSeesarのシステムが優れているだけなのかも知れませんが、これもはっきりとした事が判りませんしね。
 ちょっと驚いた検索結果でした・・・

posted by アラフォー親父 at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月24日

SEOの情報なんですが・・

 簡単に言いますと、今まで散々悩んでいたmeta keywordとかが、
見事にGoogleやYahooで重視されない事になったそうですね。

 要はキーワードだけを集めた、ペラ・サイトを除外するためだとか・・
当たり前といえば、当たり前なんですけど、アフリサイト量産とかで稼ごうとしている人を排除する動きでしょう。
 サイト内容が伴っていないのに、キーワードだけで上位にランクされている事をスパム行為と判断したからなんでしょう。
 あっ・・もう知っていましたか?
 キーワードを無視するように、検索エンジンのシステム等が変化している事ですが・・・。
posted by アラフォー親父 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。