2011年05月07日

正規表現の使えないエディタなんて・・

 どうも、アラフォー親父でございますが、

エディタに関する話題が多いのが、このブログの特徴なんですけど

今までHTMLやCSSなんかの話題が多かったので、

ここらで一度、押さえておきたい基本性能として、

エディタの置換機能で、正規表現が使えるか否か!を考えてみます。


 とはいってもね、PCに最初からアクセサリィとして付随している

天下のメモ帳での置換では、ほぼ役に立ちません。

memo.jpg
 

 メモ帳の置換機能では、文字の置き換え位しか出来ないからです。

 それでは、正規表現を使った置換とはなんぞや?という話ですが

例えば一つの、簡単な(.txtファイル)を、あるエディタで開いたとしましょう。


 見やすくするために、全ての文が一行開けられていたとします。

行番号を見たら、1600位あったとしますね、

これでは、ファイルのバイト数も大きくなってしまいますので、

空行を無くして、保存すれば、半分の600行でのファイルにする事が出来ます。


 こ〜ゆ〜時ほど、メモ帳の役立たずは使えませんから、

正規表現が使えるテキストエディタを使って、編集するのですよ。・・

しかも、ほぼ一発で!


 例えば、Vx Editorを使って、置換の際に正規表現を使うとします。
vxtikan.jpg


  1. ファイルを開く

  2. Ctrl+Aで、全選択

  3. 置換をクリックして、置換Boxを出す

  4. 置換前のBoxに(^\n)と入れる

  5. 置換後のBoxには、何も入れない


この手順で、開いたファイルを置換すると・・・

一発で空行がなくなり、全ての行に文章が入るファイルになります。

 
mertikan.jpg
 

 注意点は、全選択でファイルを選択していますから、

最後にEnterキーは押さずに、カーソルの移動だけで終える事位でしょうか


せっかく置換したファイルの文字が、すべて消えてしまいますので

もし、やっちまったらCtrl+Zで元に戻して下さい。

 
 

タグ:正規表現
posted by アラフォー親父 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 正規表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。