2014年09月13日

モニターは大きい方が断然良い(条件が許せばね)

21monita.png

 ども親父です、先日ディスクトップで使っていたモニター(19インチスクエアタイプ)が、突然見えなくなってしまったのですが、これを契機にチョトだけ大きいモニターに変更してみました。

 某オクより購入しましてね(やっと届いたんだよね…)、サイズは20インチとチョットだけ大きい、しかしスクエアではなくワイドタイプに変えてみたわけですよ。

 予想した通りと言うか、当たり前の事なんでしょうけど、アナログTVから地でじTVに変わった時と同じような感覚というか、まあ…とにかく作業スペースが大きくなったせいで色々と捗ります。

 大きな画面ですが、縦はちょっと短いのが難点なのかもしれないですが…

 参考としてGimp2.6起動時の比較画像を付けてみました。

gimp21inch.png

21インチですと、結構余裕を感じることはできますねぃ。

15gimp.png

 15インチノートPCで、同じくGimpを開いてみた状態ですが、中央の作業スペースの違いがわかりますか?
これが13インチノートですと、上のメニューがちょっと隠れてしまいます。

 今までのモニターは、おまけ程度で付属していたSonyの19インチ、今回購入したのはDellの20インチワイド。
Sonyの19インチの方は、モニターケーブルが片方埋め込みタイプになっているため、ケーブルを交換してケーブルが断線しているのか?を確認することが出来なかったわけですが、今回のDellは両方ともコネクターになっているため、ケーブルが駄目になった場合、ケーブル交換だけで治すことが出来るので、節約にもなるかな?と感じているわけですよ。

 そこで俄然興味が湧いてくるのが、もっと大きなモニターになるのですが…
私が使っている机の横サイズがおよそ80cmなので、さすがにデュアルモニターにするスペースがございません。
ワイドサイズで換算すると、37インチで机からはみ出すわけですね。

 条件が許せば、出来るだけ大きなモニターの方が、断然便利だと思います。

 一番感じたのが、やはり画像関係で使用するソフトの使いやすさの向上がとても大きい。
テキストとかCSVなどでは、さほどメリットを感じないのですが、gimpのようなソフトを狭い画面で使うのと、広い画面で使用するのでは、これほどまでに違うのか?とまで感じてしまうわけです。
 画像を作成する事がメインの方であれば、小さいノートではなく、ディスクトップPCの大き目なモニターで行った方がストレスが少ないと思いますよ。

 あとはペンタブ…なんだろうけど、今はそこまでの作業は行わないので、未だに導入じまいです。

 タブレット端末は所持していないものですから、スマホとかについてはノーコメントで。
個人的には、あんな小さな画面で「何か」を行うのは、ちょっと避けたいです。
あくまでも受信用として割り切るならば…と考えちゃいました。
posted by アラフォー親父 at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405358534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント