2014年09月06日

Askツールバーが中々消せないのは、ひょっとして隠しファイルが原因かも?

 ど〜も、膝の半月板損傷って…半月板は皮膚みたいに修復できないと、つい最近整形外科から言われてしまった親父でございます。
 ブログの更新?…怪我してヒイヒイ言っておりましたので、それどころではありませんでした。
過疎ブログにわざわざコメントなどを入れて頂いた方、そんなこんなで返答は出来なかった次第であります。
まぁ…どうやって返信するのかも、未だに不明なのですけどね。

 そんな中で、最近気になったのが、askを消せないけど…というコメントです。
自分自身の環境が、ディスクWindows(Vista)とノートLinuxで、ディスクトップのモニターがプツンと映らなくなってしまいましたから(モニター到着待ち…つまりこの記事ではlinuxを使っているわけです)再びWindowsにAskを入れてキャプチャーしつつ説明していくのもワリと大変なので、ひよっとしての予測の話として聞いてもらえればと思いますが…

まずWinキーを押して、コントロールパネルを表示させましょう。(画像は全てネットからの拾い物ですゴメン)

contorlPanel_7_deskCustum_click.png

windows8_folderOptionCPpanel.png

20121102-3.jpg

kakusi.jpg

image01.jpg
  1. コントロールパネルのフォルダオプションで、全てのファイルを表示する(隠しファイルが出現する)にチェックを入れます。
  2. とりあえずCプログラムファイルに入っているAskを消してみる
  3. 抵抗されてゴミ箱に行かない場合は自分のユーザーフォルダを確認する
  4. やや薄めに表示されている隠されていたフォルダを確認
  5. 恐らくlOCAL系に入っていると思われるAskフォルダを一つずつ確認して消していく
  6. あらためてCプログラムファイルのAskフォルダ削除を行ってみる
  7. うまく削除出来たらコントロールパネルに戻り、フォルダオプションの全てのファイルを表示チェックを元に戻しておく。

 最後にレジストリーを綺麗にするソフト(CCクリーナーとか?)でレジストリーを削除したりでチャレンジしてみると良いのではないか?

 多分ですけど、通常は隠されて見えない隠しファイルが邪魔をして、消したいファイルがゴミ箱に行くのを拒んでいるのではないか?と思うわけですよ。
(う〜ん文章だけで伝わるかな…ディスクトップ機のモニターが届いてから記事を書いたほうがの方がいいのかな?いや…時間無いし)

 大抵悪さをしているファイルやフォルダなどは、隠しファイルにされている事がほとんどだったりしますんで、Windowsの場合はフォルダオプションを使って、隠しファイルを表示させてから行ってみるほうが良いかもしれないです。

Linuxでは、大抵Ctrl+Hキーでファイルマネージャーに隠しファイルが表示されるんですけど、Windowsは一旦コントロールパネルを操作して表示させて、そこからの作業になりやす。

 この記事を書く時、Linux用のAZ paiterを使って画像加工しています。Gimpではやっとれんのよ。
ほんとLinuxにAZ paiterがなかったらと思うと…ゾッとします。便利ですよ。


posted by アラフォー親父 at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スパイウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。