2014年04月16日

Ubuntu14.04LTS版の正式リリースは4月17日となっちょります

869390.png

 モバイルノートPCには、Linuxを入れて使っている親父でございます。
今はLinux Mintなのですが、UbuntuLTS版がリリースされたら、Xubuntuに変更する予定なんすわ。(Celeron1.4に1GBのメモリーですから)
 いよいよUbuntu14.04LTS版のリリースが4月17日になりました。
てなわけで、今まで入れていたLinuxPCに入れなおす予定なのです。

 ここでちょっと気になる今回のLTSサポート期間なのですが、Ubuntuの場合Beta版から5年ということになるので、終了期間が17年の4月ということになるわけです
 ん?と思う方は、私と同じWindowsのVistaを使っている方かもしれません。

Windowsの場合サポート期間終了予定が、Vistaが2017年4月11日、Win7が2020年1月、Win8が2023年1月10日という事で、Vistaの終了期間とほぼ同じになったわけです。
(おいおい…)

Win7からのWindowsOSを使っている方には、関係ない話なのかもしれないのですが、サポートが終わったXPとか、私と同じVistaを使っている方には、ちょっと気になるサポート終了期間になっていると思います。

 とはいっても、使っているパソコンのCPUがCore2Duo以下でメモリーも2GBなんて入ってないぞ!という方は、Ununtu(ウブンツゥ)ではなくXubuntu(ズブントゥ)14.04LTSでいいんじゃないか?と思うのですよ。

xubuntu-13-10.jpg

 理由の一つとして、WindowsでのIMEにあたるソフトに、Fcitx の採用が決まっているので、一時期(13.10)あたりで起きていた、ibus-mozcでのアイコン表示トラブルとかを起こさなくなっております。

 Xubuntuよりももっと軽快なLubuntuにも、今回14.04からLTS版がリリースされることになっていますので、選択肢としては増えてきました。

lubuntu-13-10-japanese.jpg

個人的はXubuntuがオススメ

 XubuntuはディスクトップシステムにXfceを採用していますが、これがGnome系Linuxの中で安定感を選択基準として考えると、一番だと個人的には考えています。
 個人的なインプレなのですが、Ubuntuは導入マシンのスペックが足りないと、ちょっとモッサリしてしまいますし、Lubuntuは軽快でいいんですけど…突然クラッシュしたりする事もある、ちょっと時間は必要ですが、Xubuntuは最初のメニュー設定とか使いたいソフトの導入とかをクリアすると、特に何するわけでもなく普通に使っていられるところがいいんですよ.

S2.png

実はXubuntuだとXP風ディスクトップにしやすいのです。

 はぁ〜?LinuxをXP風インターフェイスに変えてしまうだと!と大抵のWindowsユーザーは思うかもしれませんが、出来てしまうんですよ。

royale_blue.jpg

方法をかいつまんで説明すると、MATEディスクトップを導入して、Luna XPをインストールしてしまうわけです。
詳しい話は↓のサイトで確認して下さい
http://kei-efu.blogspot.jp/2014/01/ubuntuwindowsxp.html

 またWindows7と同じスタイルにしてしまうことも可能なんです。
詳しい話は↓のサイトで確認して下さい
http://news.mynavi.jp/articles/2010/10/20/ubuntu-to-windows-7/

ちなみにベースとなるMATEディスクトップなのですが、UbuntuではなくXubntuのベースになっているXfceとの相性の方が良いのです。
 つまりXubntuをベースにしてカスタマイズすると、違和感なく移行することが出来るかもしれないわけですよね。

 そうは言ってみても、Windowsで使っていたソフトがそのまま使えるわけではない!
仰るとおりですが、WineというアプリをLinuxで使いますと、全てではないですが、WindowsのソフトをLinuxで使うことが出来るので、気になる方はちょっとググッてみるといいですよ。
 まあ…私が試した時は、Windows系のテキストエディタは、使えましたけど、日本語文字入力が使いにくくて断念しています。画像ソフト系は結構動くものが多かったですね(Jtrimとか余裕でした)

 一般的に、ネットやメール・画像編集・動画編集程度が主な使い方であれば、WindowsだろうがLinux系OSだろうが、それほど差を感じません。ちょっと重箱の隅を突くような使い方ですと、痒いところに手が届かないもどかしさは感じてしまいますけど…

posted by アラフォー親父 at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント