2014年04月14日

キーボードに悩んだ末に手に入れた骨董品富士通KB322

Shopping-basket-in-supermarket1951.jpg

 段々と暖かくなり、すっかり春の陽気になりつつある日々です。最近はくしゃみが多くなり、少し薬を飲んでいる親父でございます。

 自分の環境をディスクトップに変更して、これほどまでキーボードに苦しめられるとは思いもよらなんだ!とつい最近まで考えておりました。
後で調べてみたら、「馬は変えても鞍は変えるな」の格言どおり、新しいPCを買っても古いキーボードは持っていけ、という話もあるみたいです。

 で、例のごとくオークションなるシステムを使いましてね、キーボードを手に入れますた。金額は破格値の300円台。(送料は別ですたい)
 本来ならば電器屋さんなどで、カタカタとキーボードを試してから、購入するほうが間違いはないわけですよ・・・しかし私が住んでいる地域はド田舎でして、都市部ならばよく目にするハードオフとか、中古PCショップなどは半径60kmには全く見当たりません。

 手に入れた機種は富士通のKB322という、とても古いキーボードで、裏のラベルを見てみると、なんと1998年7月にマレーシア製造品ということがわかりました。
何というか…今年は2014年です、計算したら16年前に製造されているシロモノでござんす。
つい最近サポートが終わった、XPよりも前のキーボードですね。
(Win2000か98時代なのでしょうね…「バザールでござーる」ってNECか…)

001.JPG

 USB接続ではなくPS/2接続で、まあキーボードの中でも骨董品に近いわけですよ。
製造年月日で時代考察してみると、パソコンがとても高価だった時代ではなかったのか?と思います。品質にしても、もしかしたらコストダウンを行う以前の物…だったのかもしれませんね。だから今でも動いてくれるのでしょう。

 ネットで色々と調べてみたら、KB322はフニャフニャタッチで有名なキーボードの模様。過去、富士通のディスクトップ機には、標準で付属していたキーボードだったようで、このキーボードのタッチは、好きな人と嫌いな人とにハッキリ別れてしまうと言われているようですね。
 長い間使われていると、キー下のメンブレンの品質が劣化によって、タッチがバラバラに変わってしまう物もあるとか…ちょっとためらったのですけど、もとよりKB322は使ったことがありません、私みたいな人間には関係ないだろうと判断したわけです。
 16年前なんてね…パソコンすら使えなかった人間ですから。

002.JPG

 私・個人としては、押した時に軽くプクンとくる、触り心地の良い好きなタッチになります。
 キーボードを側面から見ると全体が円筒状に曲がっているステップ・スカルプチャーというもので、最近のステップ形状とはちょっと違っているみたいで、音がガシャガシャといった機械的な音ではなく、コトコトといった極めて静かな音でKB322が一発で気に入ってしまいました。
 キーは経年劣化で、少しだけ黄ばんでいます(漂白出来るのかな?)
ストロークは、パンタグラフ式に比べると、古典的なメンブレンですから、ちょっと深いんですけどね。長くキーボードを使う時でも、疲れなくて良いです。

003.JPG

 なんだろう、この微妙な曲線が使いやすさに貢献しているのかもしれませんが…いや、なんとなくです。

 最初に中古のディスクトップ機を購入した時に付属していたのがDELLのキーボードは、私にとって音もうるさく、キーの圧力もやや強めで、結構疲れてしまっていました。
 そんなわけで、ロジクールのK120を買ってみたり、バファローのキーボードを買ってみたりしたのですが、どうも今ひとつしっくりこなかったわけでして(値段が安かった事もあるでしょうね)…ちょっと古いキーボードならばどうなのかな?と考えて購入したのが、良い出物だったようです。どうしても中古は個体差が大きく出てしまいますから、本当は自分で触ってみるほうがいいんですよ。

 昔関東に住んでいた時、ハードオフを覗いてみたらこんなキーボードは結構転がっていましたし、アキバの中古屋さんでも、無造作に積み上げられていたような気がします。
 なんといっても近くにハードオフとか、中古ショップなんざ〜ありませんから、どうしても入手するにはオークションを頼るしかない環境に住んでいるのが残念です。
(もしかしたら掘り出し物に出会える!という期待があるではないですか?違うかな…)

 手に入れたのは良いのですが、すでに製造中止の代物ですから、壊れてしまったらOUTでしょうね…すでに富士通のサポートも2006年で切れていますし、部品もないと思いますから、残る手段は中古屋さんやオークションに限られてしまうでしょう。

 毎月500円とか1000円とかキーボード予算を貯めていって、1年半後位には高級品を買ったほうが良いのか?とか、古くてもしっかりメンテして、大事に使う方がいいのか?とか、色々な選択肢が頭に浮かんでは消えを繰り返していることは否定しません。

 もしも住んでいる環境が私と正反対で、中古ショップ巡礼が出来る方は、時間ができたら探しまわってみることも、いいんじゃない?ねっ…
posted by アラフォー親父 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394614087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。