2012年07月18日

Sysytem32\ntoskrnl.exeが壊れている!?これは何?


 どもアラフォー親父です。
いや〜先日の音声トラブルに続いて、起動エラーが出てしまい、リカバリの憂き目となりました。しかも、バックアップを取る前だったから、もう大変……どうしろというのだ!と叫びたくなる部分もあるのですが、筆者にとって大事なのは、通常のファイルの中身などではなく、ソフトのセッティング情報なんですよ、これが最初から構築するとなると、気が遠くなってしまいそうです。

PC 002.jpg

 トラブルの時に表示されたメッセージは
Sysytem32\ntoskrnl.exeが壊れている〜ウンタラカンタラ〜というメッセージでして、筆者も初めて見たわけです「これは何?」という状態。

 最初は電源を入れてF8キーを連打しつつ、セーフモードで起動しようと試みましたが、これがあえなく起動不可\(^o^)/

 セーフモードが通用しないとなると、残る方法は……やっぱり、現状ではリカバリしかないのかよ/(^o^)\ナンテコッタイと嘆きつつ、リカバリを行ったわけです。疲れるって。
PC 004.jpg

 このSysytem32\ntoskrnl.exeが〜というメッセージですが、どうももっと深刻な部分から発生しているようでして、boot.iniセクターがOut状態になっているため、先のメッセージが出るようですね。
 そりゃ〜bootが出来なきゃ、Windowsは起動しませんがな。しかし、こんなところが?と考えてしまったわけですけど、先日の音声出ないよ〜のトラブルもありましたので、諦めですね、ホント。

 色々調べてみたのですが、なんでもbootが効かなくなった時の、回復コンソール用CDを作成しておくと、今回のようなトラブルには効果的なんだそうですが、ここまで準備している人はどれほどいるのか?までは判りません。

kaifukukonsoru.png

 マイクロソフトのサポートページ http://support.microsoft.com/kb/882569/ja
を見ますと、回復コンソールディスクを作成するには?で指定されたページを見ると
http://support.microsoft.com/kb/880422/JA
( ゚д゚)ハッ? フロッピーディスク? チョット待てよ、そんなもの今は使ってないだろ。

 さすがにこれは、いつの時代の話だよ!と感じましたので(Win2000とか98ならともかく)マイクロソフト以外で解説しているサイトを検索すると、やはりありましたがな。

pasokonntoraburtozikokaiketusaito.png
http://pctrouble.lessismore.cc/boot/system32_ntoskrnlexe.html
ページ読みつつスクロールしていきますと、「boot.ini」の編集というページへリンクしていますから、こちらを参考にして、念のため必要になるかもしれない…と万全を期したい方は、「EditBINI」の使い方というページも参考にしておくといいでしょう。
「Ultimate Boot CD」を念のため、作成しておけば、リカバリーディスク並に役に立つと、このサイトには書かれています
http://pctrouble.lessismore.cc/software/ubcd.html

 こういったサイトは、パソコンが壊れてから見ても遅いんだよね(おやじ痛感中)
良いサイトだと思いますんで、いざという時の為、Bookmarkをおすすめしておきますよ。
http://pctrouble.lessismore.cc/

 リカバリの後、何が大変なのか?といえば、筆者の場合はエディタのセッティングに尽きます。もう、勘弁してくれ〜と言いたくなる位なのですが、我ながらよくもここまで色々仕込んでいたよなと、変に感心すりゃら呆れるやらで、シコシコ使えるレベルまで持って行くようにしているのですよ。
 何はともあれ、まずはJm Editorを使える状態にして、次はMery&Vx Editorという優先順位で。Dropboxに、入力補完ファイルやマクロファイルを保存していたので、何とかなっているわけですが、これが最初の段階から準備しろといわれたら、荷物まとめて実家へ帰りたくなります。
(つ〜か実家なんだけどね、それくらい大変なんですよ)
使っててよかったDropboxです、ほんと助けられています。

 画像ソフト系は、やっぱ今まで使っていたGimp2.6のブラシやプラグインなどが痛いわけですけど、リカバリーついでと言ってはなんですが、新しいGimp2.8にチェンジして行こうかな、で移行中みたいな状態ですけんどね(こりゃ〜思ったよりも時間が必要です)

 他にもInkscapeは、今回インストールタイプではなく、7zip圧縮になっている物にして、画像ソフトフォルダの中に、突っ込んでみたわけですが、起動その他に問題ないので、一々Cフォルダにインストールするタイプは今回は採用しないのですが、こちらも色々と痛いです。

 最大の障害として、実はフォントがあるわけです。
もうね、こればっかりはバックアップどころではない部分ですから、再び記憶力を頼りにして導入しているわけですけど……実は最近のエディタフォントに、モトヤを使っていたため、再度インストールして使うとき、ダウンロードアドレスが消えてしまったものですから、再度登録しなおしてから云々〜と、どっぷりですねぃ。
 あとは手書きフォントで有名な、みかちゃんフォントやモフ字フォントとか、Bookmarkもバックアップしていましたので、Fire FOXを再インストールして外部よりインポートして、やれやれという状態ですけど、今度は入れているソフトやフォントの記録、モデム復帰情報から色々と、Dropboxに放り込んでおく必要性を感じています。(もち、テキストで)

dropbox_logo2.jpeg

 今回復帰できつつあるわけですが、これがPCが完全に壊れたとかでしたら
(しかも外部バックアップを取る前だったりするとね)
多少なりとも怖い部分もありますが、大事なデーターは保存しておく場所を十分考慮しておく必要があると思います。ベストな選択というよりも、ベターな選択しかありませんしね。
(外部HDDに入れていた知り合いが、PCとバックアップHDDが同時に逝ったという珍しい事例を示してくれているため《雷ですよん》ストレージの活用は視野に入れておく必要があるでしょう。)
posted by アラフォー親父 at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281645825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント