2012年07月13日

フォルダよ、またお前か!もっと判りやすく着替えてくれよ。

9015ead2_300_300.jpg

 ども、アラフォーです。
Windowsを使っている人は、エクスプローラーは必ず使っていると思います。
しかし、Windows標準のフォルダですが、数が増えてくると自分で作成していても、見つけるまで時間が必要だったり、あのFileはどのフォルダへ入れたのか?と探しまわる事も珍しくないかもしれません。

 標準でドキュメントとか、ピクチャーとかあらかじめ決まっている物がありますけど、あくまでも主観ですが、どうも視覚性があまり良くないと感じているわけです。
 乱暴に“慣れ”で片付ける人も多いわけですが、一度でもDock系のランチャーを使ったことがある人は、そのフォルダ画像のクオリティや、視覚性の高さから、Windows標準のフォルダ画像が情けなくなったり、もう少し自分自身にとって判りやすい画像であれば…と感じてしまう人もいるのではないか?と感じたわけです。

 筆者自身、マイドキュメントのフォルダには、視覚性を高くしたいために、別のアイコン画像を割り当てて、使用しています。

 とは言っても、この方法は拡張子が( .ico )の画像を用意しなければいけません。
( .jpeg )でも( .png )でも( .gif )でもいけないわけです。
下準備として( .ico )画像を入れた、任意のフォルダを必ず作成しておく必要があるという事は忘れないで下さい。

 ではどこから仕入れればいいのか?ググッてもらうほうが速いかもしれませんが、それではあまりにも不親切なので、とりあえず( .ico )画像を配布しているサイトをいくつか紹介しておきます。

Free Google Plus Icon Set
  http://www.freeiconsweb.com/Free-Downloads.asp?id=1750

Social Networks Pro Icons(ソーシャル系)
  http://www.freeiconsweb.com/Free-Downloads.asp?id=1339

Free Icons Web(物凄い量のアイコンが揃っています・個人的ブックマークです)
  http://www.freeiconsweb.com/

freeiconweb.png

 特にFree Icons Webならば、大体のニーズに合うアイコンが揃っていますし、サイトの右メニューから辿っていくと、Windows Iconsなどには、フォルダアイコンも揃っていますので、自分の好みでアイコンを探しておくと良いでしょう。

 大事な事として、アイコン画像サイズの種類によって、OS環境によっては適用されなかったりすることもありますので、アイコン画像を準備する時に自分の環境に合わせてXP・VISTA・Win7それぞれのアイコン画像サイズは必ず確認して下さい。

icosizebyu.png

 さて、使いたいアイコンを揃えることが出来たならば、とりあえず設定したいのですが、いくつか注意点を

1・デフォルトでは、Cドライブに入っているWINDOW/System32/SHELL32.dllに、絶賛詰め込まれています。
2・dllという形式なので、画像を追加する事が簡単ではない

 このため、アイコン画像を入れたフォルダに任意の名前をつけて、Cドライブフォルダの、WINDOW/System32に入れておく必要があるというわけです。

 筆者の場合ですが、判りやすいように( ico )という名称のフォルダを作成して、そこにアイコン画像をマトメテWINDOW/System32の中に、フォルダを移動させています。
 とりあえず、超初心者の方向けで、手順を説明していきますが、これはアイコン画像を用意しているという前提での説明です。
知っているから〜という方は飛ばして下さい。

for.JPG

 まずはスタートメニューをクリックして、マイコンピューターをクリックします。

for03.JPG

ローカルディスクが表示されますので、Windowsプログラムが入っているCドライブをクリックします。

for4.JPG

OSの種類やメーカーの種類で違いがありますが、基本的な部分として、WindowsPCであれば、このWINDOWフォルダは必ずあります。このWINDOWフォルダをクリックします。

for5.JPG

WINDOWフォルダの中に、system32というフォルダがありますので、こちらをクリック。

for6.JPG

先ほど紹介したサイトなどから、アイコン画像をダウンロードしていたら、system32フォルダの中へicoフォルダを移動させておきましょう。

for7.JPG

icoフォルダの中身は、こんな感じです(筆者の場合)

 さて、WINDOW/System32/icoという形でフォルダを設けました、ここからアイコン画像を使って各フォルダに適用させていきます。

foruder.png

 ご案内は、「かにひらさん作 レアさんモデルにお願いしました。」

1・まずは自分が変更したいフォルダを選択して、マウス右クリックメニューで一番下に表示されるプロバディを選択します。

foruder01.JPG

2・メニューのカスタマイズを選択します。次に下にあるアイコンの変更をクリックして下さい。

foruder02.JPG

3・先に説明していますが、通常はSHELL32.dllの中にアイコン画像が収められています、そのため自分自身で追加した ico フォルダの中からアイコンを選択するために、参照をクリックします。

foruder03.JPG

4・参照をクリックすると、system32フォルダになっているはずです。
※ 違っている場合は、WINDOWフォルダ内のsystem32を選択して下さい。
 system32フォルダに移動させた ico フォルダを選択します。

foruder04.JPG

5・前もって準備したアイコン画像が並んでいるはずですから、そこから使いたい画像を選択します。

foruder05.JPG

6・画像では適当に選択したのですが、フォルダの中身に関連性のあるアイコン画像を選択したほうが、後々使いやすいと思います。

foruder07.JPG

7・画像を選択すると、フォルダアイコン画像が変化していますので、適用をクリックして最後にOKをクリックします。

foruder08.JPG

8・アイコンの画像が変更されていることが確認出来ると思います。

foruder09.JPG

 こんな感じでアイコン画像を変更していきます。
あくまでも、使っている自分自身が判りやすい物を使うと、良いと思いますんで(個人の趣味に合わせて下さい)

 まとめとして:

 長々と書いてしまいましたが、慣れれば割合簡単に行えます。
同じフォルダ画像ばかり見ていても、疲れてしまいますので、今よりもっとわかりやすくしたいと考えているならば、ちょっとフォルダ画像を変えてみると、楽しさも増してくるかもしれません。
posted by アラフォー親父 at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント