2012年06月15日

Windowのフォントを綺麗にしてくれるgdippはGoogleChromeと相性が悪いとは…

 どもアラフォーです。
筆者はWindowPCを使用しているのですが、やはりフォント表示についてはやや諦め気味だったわけです
しかし、gdippを導入してからは、あのWindow独特のギザギザフォントから開放されて快適なPC閲覧をしていたのですが…
gdipp.png
窓の杜でGoogleChromeがバージョンUPしたというニュースに釣られ、確認の為にインストールしてみて愕然としました。
(フォントが汚い!)
どうやら、フォントを綺麗にしてくれるgdippとの相性は最悪のようで、何が書いてあるのがサッパリ判らないという有様
他のフォントを綺麗にしてくれるソフトを導入して確認していないのですが、私の環境ですとXPも7も全然ダメでした。
 メインで使用しているFire FOXや、Operaでは全く問題なかったのですが、相性とは恐ろしいものです。
 ちなみに筆者が気に入っているFoxのアドオンに、Quick FOX Noteというアドオンがあります。
foxquicknote.png
プラウザ付属のメモ帳といった代物なのですが、フォルダのファイルと同期することができますので、ちょっとプラウザを開いていて気になる部分をメモしたりする時には重宝します。
このアドオンを入れようと思いついた理由は、Operaにデフォルトでメモ機能が付属していて、非常に重宝しているからです。
operamemo.png
ではなぜOperaをメインにしなかったのか?はお察しの通り、時々プラウザの表示が崩れるというマイナーなOperaならではの悩みもあるからなのですよ。
時たまブログなどを拝見していると、Operaだけ表示が崩れるサイトもありますので、そういう時にはFOXで見て
FOXで文字化けする(Linuxで作成されたサイトに多いのですが…)サイトの場合は、Operaで見るようにしています。
Operaには、文字化けサイトの表示を、綺麗に見ることが出来る拡張機能がありますので、リファレンスサイトを見るときに役にたったりします。
binfix.png
プラウザも、一つで間に合えばいいのですが、まだまだそういう状態ではないような気がするのが難点ですよね。
GoogleChromeはいくら設定を変更しても、デフォで色々仕組まれていますから、気分的には使いたくない部分が強いですし
Operaもクッキーの設定が、FOXほど柔軟ではないので、どうしても残るところが気になるわけです。
当分は妥協しつつもFOXメインの生活ですな。


posted by アラフォー親父 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。