2011年06月27日

PC設定を変更

 遂にというか、現在メインで使っているXPの設定を

パフォーマンス優先の設定にしてしまいました。


タスクバーは立体的な部分から、塗り壁のようなのっぺりした顔になりましたし

フォルダーを開いても、左に出ていたヒントエリアが無くなりましたので

画像の確認はいいのですが、自分が作成したhtmlファイルなどは、

ファイルを開く前に、大体の感じが掴めない状態ですが(エディタで確認しろよ!ですね)


 このパフォーマンス優先設定ですが、非常に簡単に行えますし、

気に入らない場合などは、スグに元に戻せますしね・・・Win7は必要ないか?

 
※ Tera Padを開いて比較してみました。(OSは昔のVISTA時代もものです)
te.JPG

 
 そしてこちらはパフォーマンス重視の設定でOSはXPです。(まるでWin2000)
 
ter.jpg
 

 元々は13インチのノートPCが、メモリーが512MBしかはいっておらず

動作がモタモタしていたものですから、一度パフォーマンス優先設定にしたところ

若干ですが速度などが向上してくれたので、

スペックの低いPCでは、基本設定をパフォーマンスにしておこう!

という、自分なりの格言になったわけです。


 まさかその状態を、2GBメモリーを搭載しているXPでも行うとは

自分でも考えていなかったのですが・・最近動作が不安定でしたので、

思わずやってしまいました・・・=ε=ε=┏( >_<)┛


 案の定というか、すっかり動作も速くなり・・ソフトの端もノッペリしてしまい

どうやらWin2000のインターフェイスに近くなってきたようです。


 PC内にインストールしているソフトは、スッピンになっただけ

とも言えるわけですから、如何に今までの化粧が濃かったのか?

【例えは酷いのですが、そんなもんです。】


 プラウザを見るとそんな変化はありませんので、なんだかんだとソフトを一杯立ち上げて

作業する人には、この設定は“あり”ではないかと感じたわけです。


 こんな感じで設定したところ、今までマクロやらプラグインやら、

その他のツールをゴチャマンと搭載してしまった、筆者がメインエディタとして頼りにしている

Meryの動作が安定してしまった・・という嬉しい副産物がありました。


 Zen-Codingを突っ込んだり、テンプレートプラグインのファイル容量も増えてきたあたりから

どうも固まる事が増えてしまい「どうしたもんでしょう・・」と考えていたところでしたので、

これには大いに助かりますね。


 時たまPC入れているソフトの動作が安定してくれない場合は、

このパフォーマンス設定にしてみる事も必要かもしれません。

posted by アラフォー親父 at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212113595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント