2009年11月29日

TTT EditorをXHTMLに対応させる為に必要なXHTMLとHTMLの違いについて。

HTMLとXHTMLの違い

 え〜久しぶりにHTMLの話題について、お話しておこうかな・・と考えたのですが。
どうなんでしょうかね?
WYSIWYG編集でやっているから、関係ないよ!となるのでしょうか?

 知らないよりも、知っておいた方が断然いいので、HTMLのマークアップに慣れてきたと仮定して
XHTMLでマークアップする際の注意点に触れておこうと思います。

  1. タグ内の要素名と属性名は必ず小文字で書く
  2. 属性値には必ず引用符(ダブル・シングルクォーテーション)で囲む
  3. 空要素は最後にスラッシュを付加するか、終了タグを付ける
  4. 「&」は必ず「&」と記述する
  5. XMLバージョンとドキュメントタイプを記述する
  6. タグは必ずウェル・フォームドにする

 簡単に挙げてみましたが(他にもあるのですが、まあいいでしょう)
この中で、ブログ原稿を書いたりする時に関わってくる事は、1・3・5になると思います。

 4番目の項目などは、無料ブログだろうがワードプレスだろうが、テンプレートを使用した場合は
ほぼ記載されていますので除外ですね。
2番目の項目も、スタイルシートとの兼ね合いから派生してきますので、これも除外です。

 そこで1・3・5の項目は、直接マークアップする部分ですから
しっかりと把握しておかなければいけません。

タグ内の要素名と属性名は必ず小文字で書く
これはもうお約束になっていますから、HTMLエディタを使おうが、テキスト・エディタを使おうが必ず小文字でタグ入力をするという事です。
もし大文字でタグ入力を行うエディタを使っているならば、設定などで変更しておけばいいわけですね。
空要素は最後にスラッシュを付加するか、終了タグを付ける
HTMLエディタなどの設定で、終了タグをセットで入力するという部分があったら、必ず設定しておけば大丈夫のはずです。
空要素でもXHTML入力時に書き方が違うのは<br>と<hr>になります。
またmetaデータなどは、テンプレートに記載されていますから関係ありませんので、
タグ入力の際には<br><hr>を<br /><hr />と記載します。
タグは必ずウェル・フォームドにする
難しく書いていますが、要は<p><em>〜</p></em>などとタグを入れてはいけないという事なんです。
この場合では<p><em>〜</em></p>が正解です。
 かなり簡単に記載したのですが実際使うとしても、こんな感じで憶えるだけで、ほぼ対応出来ます。

 なんでこんなつまらない話しをしたかと言いますと、前回TTT Editorの話をちょっと行いました。
ちょいとセッティングすると、このSeeserブログならばブログ・エディタとして使い勝手がいいわけです。
JimdoというCMSなども文字コードがS-JISですから、対応出来るわけなんですね。
筆者は使っていないのですが、FC2ブログの文字コードEUC-JPも、このTTT Editorで対応出来ます。

 一からホームページ用のHTMLファイルを作るのと違い、無料ブログなどの構文をつくるのであれば、
ドキュメント宣言も、メタデータも記載不要になり、要は文章内容の部分を作るだけですから、
そんなに難しくはないわけです。

 UTF-8の文字コードを使っている場合はどうするのか?って・・・心配は必要ありません。

 Crescent Eve という素晴らしいエディタソフトの制作者さんが、KanjiTranslator 1.6というソフトを
作っています。
このKanjiTranslator 1.6というソフトは、文字コードの変換をファイルごと行ってくれるという
大変便利なソフトになります。

 例えばUTF-8の文字コードで作られたファイルを、文字コードS-JISに変更して使いたいという時に
KanjiTranslator 1.6のソフトを使えば、簡単に変更してくれるという優れ物なんですね。

 そんなわけで、TTT Editorで使えない文字コードUTF-8のファイルでも、S-JISやEUC-JPに変更して使い
再び元の文字コード(UTF-8)に戻して保存するという芸当も難なく行えます。

 つまり、このKanjiTranslator 1.6が自分のパソコン内にあれば、ファイルの文字コードが違うので
このエディタでは使えないといった事が無くなるわけなんです。(知っていました?)

 そんなわけで、文字コードが違うから使用を諦めていたTTT Editorが復活するわけです。


posted by アラフォー親父 at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | HTML | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。